fc2ブログ
“いちご大福”、始まりました。
2022/01/11(Tue)
【写真】花月堂さんのいちご大福(おいCベリー入り)
 
 「花月堂」さんの“いちご大福”が、
販売開始となった。
ポレポレ農園の“おいCベリー”を
中身に入れていただいている。

 ワクワクしながら、口に入れると、
和菓子職人が作る優しい甘味の餡子と
もちもちの求肥(皮)に、
“おいCベリー”が、
ちゃんといい具合に調和している。
酸味と香りと食感と
そして、みずみずしさが、
ちゃんと自己主張しながら、
大福を成立させていた。
ほっとする気持ちと誇らしい気持ち。

 いちご大福は、
「味楽囲さだもと店」の店頭にて販売。
昼前後の納品となるので、是非、お試しを。
ただ明日は当店がお休みなので、明後日から。

ちなみに、ポレポレ苺は、 明日も
アピタパワー君津店にていつも通りの販売。

(写真、美味そうでしょ by 農園主)


この記事のURL | いちご大福 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今朝採り、でしょ
2022/01/10(Mon)
「 ポレポレさんの苺が
 もうないんだけど、
 農園で買えます?」

“味楽囲さだもと店”の店頭で
完売してしまうと、
お客さまから問い合わせを
いただくことがある。

 今朝は早い時間に完売したようで
(ありがとうございます)、
年配の男性と思われる方から、
「いつも買っているんだけど。。。」
と少々、焦った様子。
― 駅近くのアピタ(パワー君津店)で、
販売しています。
この時間ならまだあるかと。

「それって、今朝の苺?」
― ハイ、農園主が自ら毎朝、
搬入して並べていますから。
「じゃあ、すぐ行ってみる。」

 すぐに電話があって、
「買えましたっ」と
明るい声で連絡をいただいた。
「評判いいから、
もっとたくさん売ればいいのに、、、」
というアドバイスもいただいた。

 「旬」のものを食べたい。
消費者の当然の希望に
どうやってお応えできるか。
それが、“今朝採り”になると考えている。
ただ、販売数については、
正直、すでに全力投球中。
肩が抜けそうなくらいに。

(なので、そこはご容赦を by 農園主)

この記事のURL | JA直売所 “味楽囲” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
幸せの香り
2022/01/09(Sun)
マナミちゃんのお父さまが、
ポレポレ苺の宅配が届いた時の様子を
写真を添えて教えてくださった。

「 貴園のいちごが届いた
 瞬間の絶叫から、 
 ついに 10 回目を迎えた
 マナミの誕生日は、
 本当に何にも代えがたい
 幸せな時間となりました。

 この2年間は自分の仕事も
 改めて振り返る機会が多かった中、
 自身の仕事がこのように、
 他者に幸せを届けることが
 できているかと、
 子供たちのこの幸せそうな笑顔が
 ここにあることを、
 ポレポレ農園のお二人に
 お伝えできないのかと、
 そんなことを考えながらの
 幸せな誕生日会でした。
 最高の「やよいひめ」と「紅ほっぺ」を
 ありがとうございました。
 本人曰く、
 “最初にこの匂いで幸せを感じてから”
 とのことです。」

【写真】届いたばかりのポレポレ苺の香りを楽しむマナミちゃん

 ポレポレ苺がご家族の
“幸せの舞台”に加われたことは
とても嬉しい。
笑顔を誘う名脇役になれれば、と願う。

(う~ん、この匂い、だよね by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご宅配) | CM(1) | TB(0) | ▲ top
“かなみひめ”の今
2022/01/08(Sat)
【写真】真っ赤に色づき始めた“かなみひめ”の様子

 豊潤でジューシーな味わいは、
今シーズンも健在。
すっかり珍種になったので、
“種の保存”に当園では使命感を
持って育てている品種である。
守らなくてはと。

 ようやく少しずつ収穫でき始めたので、
「味楽囲さだもと店」の開店時には、
できるだけ並べるようにしている。
見つけたら、是非お試しを。
“カワイイ”とご好評の八角形のパックに
品種名の入ったロゴシールが
貼ってあるので、ご確認できるはず。
上級者の方々の中には、
見た瞬間に見分けておられる方もいるとか。

(濃いファン層あり by 農園主)

この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
真新しい舌の感想
2022/01/07(Fri)
【写真】1歳になる赤ちゃんがポレポレ苺を食べさせてもらっているところ

 ご親族のホームパーティーに
ポレポレ苺が参加した様子を
エリコさんが送ってくださった。
1歳のお子さんが食べてくれている。
微笑ましい。
と、同時にこちらはとても緊張する。
お子さんの味覚は鋭く、かつ正直で、
容赦なしだから。

 我々が、幼少の頃の「苺」は、
スッパイのが当たり前で、
だから砂糖をかけて
食べるのが普通だった。
多分、どこのご家庭にも、
底の平らなスプーンがあって、
それで家族みんなで苺をつぶして
牛乳と飲んだものだった。
(これはこれでとても美味かったな)
でも、今やそのままの
食味を楽しめる世界。
赤ちゃんたちの感想を
是非、お聞きしたい。

(で、どう?そういう衝動 by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご宅配) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初雪からの大雪
2022/01/06(Thu)
 君津でも朝からチラホラ降り始め、
午後にはあれよあれよという間に
積もった。 農家にとっては、
悪天候は生育が進まない上に
ハウスのことも心配になる。

【写真】雪が積もったアランフィールドで餌カゴを待つアランとポール

 アランとポールは、
はしゃいでいるように見えるが、
これは昼頃に餌カゴを
持って行った時の様子。
これ以外は、小屋に籠りっきり。
だよね、濡れると凍えるもんね。

(明日は晴れて by 農園主)

この記事のURL | 天気の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ゴロハチ
2022/01/05(Wed)
【写真】新潟県新発田・菊水酒造のにごり酒“五郎八”

 旬の“にごり酒”を
美代子さんからいただいた。
ご主人がお酒に詳しく、
いつも美酒を差し入れてくださる。

 「五郎八」は、
新潟県新発田・菊水酒造の秋冬限定。
ほろ苦くて甘く、こってりなのに爽やか、
そして、ガッツリときて優しい口当たり。

 鯖寿司といただいたら、たまら~ん感じ。
普段はあまりお酒を飲まない嫁さんも
「お代わり」と珍しく手を差し出した。

(もう、なくなりそ by 農園主)

この記事のURL | ご褒美(お酒) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>