FC2ブログ
スーパーの苺(その5 アピール編)
2021/04/14(Wed)
「いちごパックの残りがわずかに
なったので、追加分を持って来て
いただけますか?」

 この数日、昼過ぎに青果売り場の
担当の方から電話をいただく。

 まだまだ少量しか出荷していないが、
少しずつお客さまからの反応というか、
反響が出てきているという手応えあり。
そして、昨日からはノボリとポップで、
ご覧の通りとても目を引くようなった。
正直、当事者としては少々照れるくらいだが、
店をあげてのサポート?に応えるべく、
出荷数も増量した。
春の苺の魅力を知ってもらえる
チャンスだと思っている。

【写真】アピタ君津店の店頭に並んだポレポレ苺のパックと宣伝のぼり


(革命運動推進中 by 農園主)


この記事のURL | アピタ君津店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スーパーの苺(その4)
2021/04/13(Tue)
「 仕事終わりで、
 翌日のおつかいものを、
平日アピタで買えるって
すごく便利とのことでした🎵
仕事仲間も、はまってます(〃^ー^〃)」

 かつこさんからのレポートにある通り、
夜9時まで営業していることは、
仕事のある人にとっては、とても利便性が高い。
“土産になる品質”の苺を準備することで、
お客さまの役に立てるチャンスがある。
安物を求める消費者ばかりではない。
もしかしたら、その方が少数派かも知れない。

(革命へ by 農園主)

この記事のURL | アピタ君津店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フェアウェイ
2021/04/12(Mon)
草刈りを終えた農園内敷地の様子

 松山プロが躍動したオーガスタではない。
農園の今季初草刈り後の様子である。
それにしても、あのグレッグ・ノーマンも
勝てなかったマスターズを勝つなんて。。。
土曜日のアイアンショットは特に
キレッキレだったが、
ドライバー、パッティングを含めた
全ての技術と精神力の結集に感動した。

 農園では足元の収穫と栽培、
来季の苗作り、草刈りを含めた
農園管理の仕事、どれをとっても
完璧とは程遠いが、
でも、だからと言って、
やらなくていいものはない。
どの分野でも、少しずつ加点することを
心掛けている。たとえそれが1点でも。
きっと、それが大きな違いになると思う。

(3センチのパットも1打 by 農園主)


この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(白毛ヤギ編)
2021/04/11(Sun)
 散歩の後、小屋に戻ってくると、
時々、2頭がたいそう上機嫌になって、
“全力の追いかけっこ”が
アランフィールド内で始まることがある。
すばしっこいポールが横っ飛びしながら
走りまわる後をアランが小躍りするように
ジャンプしながら追いかける。
「アラン、そんなことできるの?」
軽快な動きに感心して見とれていると、
さすがに3周目には、アランは
立ち止まって、どっかりと座って休む。
「だよね~、でもいい走りだったよ」
ポールが“まだやろうよ”と誘いに来るが、
ポールもゼーゼー言っている。
こうして2頭で仲良くひと休み。

【写真】追いかけるの遊びの後で仲良く休むアランとポール

 一昨日、2頭の爪切りをした。
月に一回は、爪の手入れを
してやりたいのだが、
時間がなく、先延ばしになりがち。
ちなみに、山で生活しているヤギは
石の上も歩くので、
自然と爪は削れるそうだが、
農園の土の上で暮らす彼らは
そうはいかない。
放置すると爪が伸びて、
蹄の爪が内側に巻いてしまう。

 今日の全力疾走とジャンプを見る限り、
爪の状態はとても良さそうで安心した。

(“ソダシ”の快走並み by 農園主) 
この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
信頼の売り場
2021/04/10(Sat)
【写真】アピタ君津店で販売中のニュージーランド産ゼスプリキウイ

「今日から販売開始なんです」
開店前の店頭でアピタ君津店の担当の方が
ニュージーランド産のゼスプリキウイを
忙しそうに、でも嬉しそうに並べていた。

 他の競合店では、先週から
販売が始まったそうだが、
「まだ固くて、熟れていなかったので」
という判断で、美味しい時期を見計らっての、
本日スタートということになったそうだ。

 キウイは人気果物のひとつなので、
早々に投入したかったであろうが、
お客さま目線での戦略。
ポレポレ苺の隣に、またまた、
新しい競合相手が登場した。

(絶妙の熟れ時 by 農園主)

この記事のURL | アピタ君津店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ブイブイ
2021/04/09(Fri)
 会社勤めのころ、それなりに仕事は忙しく、
早朝から深夜まで、
時には徹夜になったこともあったが、
栄養ドリンクを飲んだことはない。
それが、今シーズンは、結構頼りにしている。
特にこれ。

【写真】栄養ドリンク “アリナミン V&V ロイヤル”

 最近では、フタをキュッと開けた瞬間から、
チカラがみなぎってくるように?なった。

イチゴの生育は順調、
販売は皆さまの応援があって、
売り上げは立ってきている。
そういう意味では精神的なキツさはない。
肉体的には、イチゴの栽培作業は、
力仕事のような重労働は少ない。
しかし、困ったことに、労働時間が長いため
「ただただ、眠い」のである。

 今の夢は、
「もういい」というくらいまで
夢の世界にベッドの上で浸ること。

(明日から週末、もう一本 by 農園主)


この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宅配の苺を待つ時間
2021/04/08(Thu)
【写真】自家製スコーンとポレポレ苺のプレート

 スコーンを焼いて、
ポレポレ苺の到着を
待っておられたという方。
なんて、素敵な楽しみ方であろうか。
とても美味しそうである。

 今シーズンは、例年の何倍もの
ご注文をいただけて、
本当に感謝の気持ちでいっぱいである。
(お待たせした方々、ごめんなさい)
また、「おかわり」のご注文が
記録的だったのが嬉しく、
少々自信にもなった。
やり残したことは、たくさんあるものの、
宅配の新規受付は、本日で終了させていただく。
(季節的に気温が上昇してくるので、
輸送に向かない可能性があるため)
本当にありがとうございました。

 直売所、スーパーでの店頭販売は、
まだまだ全力で続けるのでご愛顧を。

(ますます奮闘中 by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご宅配) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>