FC2ブログ
農を考える ( 補助金について )
2013/11/27(Wed)
 減反政策の廃止が決まった。
合わせてコメ農家へ一律支給していた補助金(個別所得保障制度)もなくなる。
もともとこの制度があっても、補助金が農家の手許には何も入らない、
そういう声はよく聞かれていた。
流通する間になくなるという。
補助金込みの値段でコメが取引されるからだ。
 コメ取引をしたことはないので、確認はできないが、
本当ならば、補助金が本来の役割を果たされていなかったことになる。

 当園では、開園時のハウス建築の際に千葉県と君津市から、
補助金(個別補償とは別の制度)を費用の一部分にいただいた。
工事の請負業者の選定は、入札価格によって決定するので、
補助金の使われ方は、“手続き上”公平、効率的なはずである。

 しかし、もしである。
この価格が補助金を織り込んだ価格になっていたとしたら。。。
自費で全てを建設するのと何ら変わらず、
補助金分はどこかへ消えたことになる。
「補助金でハウスを作れば、そりゃ高いさ(値段が)」
普通に農家の間で語られることを、今は知っている。

 「農業の構造改革をし、産業競争力をつける」 安倍総理も力説する。
しかし、補助金万能主義の限界は見えている。
その他の産業と同じように、普通に競争を促し、
普通に農家が選択できるようにする。
それが最終的に農家の経費を下げ、収入を増やすことになる。
「補助金をいっそのこと止めたらどうか?」
他産業からすれば当然の声かもしれない。
それが消費者の利益につながるのなら、反対する理由はない。

( 目標地点はそこ by 農園主 )

この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<下駄 | メイン | やさしい栄養学>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/651-63781f94

| メイン |