FC2ブログ
「俺が行く」
2013/08/29(Thu)
 あの原発事故の真っ只中で闘った男たちの物語がある。
主力になったのは、40歳台の当直長と呼ばれる人たちだ。
企業で言えば、課長から部長という役どころであろう。

 「危険は感じていましたけれども、
やはり誰かがやらないといけなかったわけです。
われわれ運転員には、やるべき使命があるんで、
これは当然のことだったと思います。」
(「死の淵を見た男」門田隆将著)

 この場合の危険は生死に直結するので、言葉は重い。
しかし、異次元のものとも思えない。
自分のやるべき仕事を、手を抜かずにやり切る。
この「当然のこと」を果たしてできているのだろうか。

( イチゴ達は知っている by 農園主 )


この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新メンバー | メイン | 収穫>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/561-47ebe873

| メイン |