FC2ブログ
接触
2013/08/02(Fri)
 作物は手をかけるほどいい物ができる、そう思いがちだ。
しかし「1日に3回、葉を少しなでるだけで、背丈は低くなり、
開花が遅れる」という。
( 「植物はそこまで知っている」ダニエル・チャモヴィッツ著 )

 かわいがり過ぎてもいけないのだ。
植物は、自分が暮らす環境を感じ取る。
たとえば、「山の尾根の高いところに育つ樹木は強風にさらされることが多い。
そうした樹木は枝の成長を制限し、幹を太く短くするような育ち方をして、
環境ストレスに適応しようとする。」

 同じように、接触を植物は感じているそうだ。
「毎日さわられる、というのは植物にとって外界が異常に乱れていることを
意味する。そうした環境においては生長を抑えるという防御的な姿勢をとったほうが
生き延びるチャンスは高まる。」

[写真]独り立ちした子苗(紅ほっぺ)を真上から見た様子

 師匠は、「9月に入ったら、イチゴの葉かきをしてはいけない」という。
9月下旬の花芽分化まではそっとしておいた方がいいとの教えだ。
「イチゴが構うなって言うからね」

( イチゴから直接聞いたらしい by 農園主 )

この記事のURL | 師匠の言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アランのこと ( トイレ編 ) | メイン | 折り返し地点>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/534-f5b36fc4

| メイン |