FC2ブログ
甘やかし
2013/07/02(Tue)
 コガネムシが、いなくなってきた。
毎朝、夕方に、親苗の葉の裏表をチェックしてきた実感だ。
これまで、茶色のドウガネブイブイが食い荒らした後は、
緑色のカナブンが、葉をバリバリ食べていた。
無残な葉っぱも中にはある。。。
その度に捕獲を続けてきた。

[写真]順調に育っているイチゴの苗の様子

 面白い実験がある。
「カエデの葉を昆虫に食べさせると、防御本能であるフェノール化合物の
濃度が上がる」のだが、昆虫に食べられたカエデばかりか、
「その隣の食害に遭っていないカエデまでもフェノール化合物の濃度が増し、
昆虫に食べられにくくなった」というのだ。
 「植物もコミュニケーション能力をもっている」らしい。
(「すごい畑のすごい土」 杉山修一著)

 その正体は、「テルペルという揮発性物質(ガス)」にある。
「葉を食べられた時に揮発性物質が放出され、植物はそのガスを自らもつ
センサーで感知し、その情報を遺伝子に伝えて防御物質をつくり、
将来予想される食害に備える」というのである。

 良かれと思っていた毎日の捕獲作業は、
イチゴにとっては、自らの進化の阻害になっていたのかも知れない。

( 期待以上に頼もしいのだ by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大掃除 | メイン | ご褒美>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/503-da85f304

| メイン |