FC2ブログ
クレイジーソルト
2013/04/23(Tue)
 高校時代の友人が、差し入れ持参で来園してくれた。
20年振りの再会だ。
今や、一流企業に勤めるエリートであるが、
当時は、相当活発な(地元でもヤンチャな)ガキだった。
 「かったるくて、やってられないね」
これで全てを一刀両断していた。

 その彼と予備校でバッタリ会い、同じ大学を目指していることを知った。
「こんな問題、やってられないよ」
隣の机で相変わらずだと思ったが、実は違った。
翌日、とことん調べ上げてくる。それも毎日だ。
その後、試験が終わるまでの1年間、
二人で遊びに行ったこともなければ、コーヒーを飲みに行ったこともない。
「真面目にやる」ことの格好よさは、彼に教わった気もする。

 いちごを褒めてくれた彼が言う、
 「この歳になると、仕事の先が見えてきてさぁ」
昔のセリフは、大人になって少し変わったようだが、
 「まだまだ」
昔のまま、そう聞こえた。

 「また来るよ」と言って、愛犬を走って追う。
ジーンズの後姿は、あの頃のサッカー少年のままだった。

[写真]クレイジーソルト味のDoritos と 缶ビール


( 真面目な農家でありたい by 農園主 )


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<お尋ねしたい事項 | メイン | クロちゃんです ( 歓迎のキス編 )>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/433-e2e1b5d1

| メイン |