FC2ブログ
ともちゃん
2013/01/10(Thu)
 近所のラーメン屋さんのお母さんが、農園に寄ってくれた。
直売用のイチゴが売り切れたところだったので、
少し時間をもらえたら用意すると言ったら、
「お昼だから、食べてからまた来るわね」

 1時間後には、サンドイッチとふかしたてのサツマイモを買って現れた。
我々が、お昼抜きで仕事をしていることを見透かしたように。
流石、自分の店を29年切り盛りしている大先輩だ。
このお母さんのチャーシューメンは絶品。
それだけではない。お母さんの優しい笑顔、この店には不思議な魅力がある。
「戸が笑っている」
とは、こういう雰囲気なのかとも思う。
麺のゆで方ひとつを聞いても、丁寧なこだわりには学ぶことは多い。

 だから、経営会議(夕飯)はこの店の会議室(カウンターテーブル)を
しばしば使わせてもらっているのである。
一昨日の餃子サービスのお返しと思って、値引きをしようとしたら
「最初から、損しちゃだめよ」
いつもの笑顔で教えられた。


( チャーシューメンが食べたくなった by 農園主 )






この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<やよいひめ 熟れ始めました。 | メイン | 初笑い>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/330-d1da7596

| メイン |