fc2ブログ
アランとポール(自己主張編)
2020/11/05(Thu)
 午後3時を過ぎると、
アランが我々を見かける度に
「メェ~」と野太く呼ぶ。
「そろそろ外に出る時間ですけど~」
という呼びかけだ。
ポールも多分、隣で「ェェ~」と
言っているはずなのだが、
いかんせん声が小さい。
そういう性格である。

2頭の小屋があるアランフィールドは
それなりに広いと思うのだが、
それでもやっぱり自分のテリトリーの
外に出かけたいようだ。
我々人間も同じ。
その気分はわかるので、
できるだけそうしてあげるのだが、
それでも3時ごろが忙しい時もあって、
「早めに外に出ようか」と
アランを誘うこともあるが、
そういう時は、
頑として、行・か・な・い。
そういう気分ではないと。
ポールは、それを見ながら
本当は出かけたいのに、
「アランおじさんに一任します」
という顔をして、
大人しく見守っている。

 それぞれに意思表示があり、
それをわかってあげたいと思いながら、
日々、彼らと暮らしている。

【写真】夕暮れ時に土手の草を食べるアランとポール

(夕焼けよりも晩御飯でしょ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<スカート張り | メイン | 大掃除のはなし>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/3190-48bc7c1f

| メイン |