fc2ブログ
ミツバチの世界
2020/09/30(Wed)
 「まだ、いるの?」
養蜂屋さんからお電話がきて、
獲りに来ていただいた。
ハウス内に分蜂したミツバチの固まり は、
なんと、珍しい“ニホンミツバチ”だった。
普段、飼い慣らしている“セイヨウミツバチ”と
勝手が違って、少々苦戦しながらも
巣箱にいれることができた。
“セイヨウ”なら、女王バチを
巣箱に入れさえすれば、働きバチたちも
後を追ってあっと言う間にその巣箱に
入ってくるものなのだそうだが、
神経質な“ニホン”は簡単ではない。

【写真】分蜂したミツバチたちを巣箱に移そうとしているところ

 でも、女王がいないことがわかった瞬間の
群れの騒ぎ方は尋常ではなかった。
ハチの巣をつついたような?
それでも、「大人しいハチですよ」
養蜂屋さんは、最後は顔にガードもせず、
無防備な状態でミツバチたちと接していた。
そして、初めて飼育に挑戦する
“ニホンミツバチ”に嬉々として、
「小さめの巣箱を作ってあげようかな」と
張り切って帰られたのであった。

(興味深い時間だった by 農園主)

この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<研究者と芸術家 | メイン | ひとつひとつに>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/3154-07c14261

| メイン |