FC2ブログ
“いちご狩り”への悩み
2020/09/14(Mon)
 夕刻のニュースでコロナの感染者数が
発表される日常に慣れてきてしまったが、
事態は決して収束に向かってはいない。
冬場には再拡大も懸念されている。

 当園では“クラブハウス”の工事が進み、
ここで早く皆さまを笑顔でお迎えしたい
とワクワクする一方で、嫁さんとこの半年、
毎日のように話し合ってきた。
「いちご狩りは開園できるの?」
「そもそも開園すべきなのか?」

 例えば、
入園者数を制限し、マスクをしてもらって、
大声を出さないようにしてもらい、
手袋をして、いちごにはできるだけ
触らないようにしてもらって。。。

 皆さまに楽しんでいただけるのだろうか、
とても不安になる。
そして、皆さまを本当に感染リスクから
ちゃんと守れるのか、その不安も大きい。

 ならば、断腸の思いで、いっその事、
当面は、いちご狩りはお休みすべき
なのではないのか。
思考が行ったり来たりと、
袋小路に入り込んでいる。

 皆さまが望んでいることって、
いったい何だろう。。。

(是非、お聞きしたいッス by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
<<どこで踊るか | メイン | 「心を強くする」>>
コメント:
-  -
早速「家族会議」を開催しまして。。。
出てきた意見は、一般的な「来園前の検温」、「ハウス入室前の(非接触)検温、手指のアルコール消毒」は行うとして。
【案1】
①ハウス内の「すれ違い」が密になるので、一度に入室する人数に上限を設けて、適当なサイズの「籠」を持って順に入室してもらう。
②ハウス内では「籠」いっぱいのイチゴを摘んで、中では食さず、ハウズ外で食べてもらう。
※ハウス外にベンチ等が多数必要かもしれませんが。
③「第一陣」がハウス外でイチゴを食べている時に「第二陣」に入室してもらう。
④以後繰り返し。

【案2】
一日当たりの来園数は変えず、午前の部(10時~12時)と午後の部(13時~15時)に人数を割り振る「二部制」にする。
※イチゴを午後に残すのが難しいのかもしれませんが。

結局のところ、園側の対策も大切ですが、それと同じように(或いはそれ以上に)来園者側のモラルが重要なのだと思います。
ただ、ポレポレの常連さんたちならモラルの心配はいらないのではないかとも思います。

我が家は昨年度分も含めて今年度のイチゴ狩りを楽しみにしていますが、そうは言っても我が家も秋冬にCovid-19が再拡大するようだと来園を躊躇するかもしれませんし、難しいですね。
2020/09/15 20:01  | URL | #-[ 編集]
- Re: タイトルなし -
ありがとうございます。案1,2ともに現実的で、特に摘み取りと食べる場所を分けるのはいい方法ですね。お客さまのことにつきましてはモラルも含めて、とても信頼しています。だからこそ、当園には大きな責任があるとも思っています。
2020/09/16 03:47  | URL | ポレポレ農園主 #-[ 編集]
-  -
プランター(?)の間の通路は「一方通行」が良いかもしれませんね。
床に大きく矢印を描いて。
2020/09/16 06:23  | URL | #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/3138-5b74ee14

| メイン |