FC2ブログ
期限を守れない人たち
2020/02/13(Thu)
 学校の宿題を忘れる。
これは、先生には怒られるが
周囲には迷惑をかけない。
自分の学力には影響があるかも知れない
という点で自己責任にとどまる。
 しかし、社会の中では
「期限」を守れない人は、
生きていくことが難しくなる。
誰からも信用されなくなるからである。
逆に言えば、このプレッシャーを
社会人はみんな皆背負って
仕事をしているのだと思う。
自分自身も期限を守れないことは
“恥ずかしい”ことだと思うので、
管理には気を付けるようにしている。
いくつものタスク(課題)を
同時並行で進めなくてはいけないこと
が仕事であるから、それぞれの進捗と
問題点をエクセルシートに書き込み、
日々何度も更新しながら、
自己管理している。
会社にいたころと同じである。
似たり寄ったりのことを
誰でもされているのだと思う。

 それでも、期限をいつも
守れない人がいるのは
なぜなのだろうか。
「ラストスパート」で何とかなると
タカをくくっているから?
何とかなったことはないはずなのに。
まずは、ロケットスタートを
切ってみてはどうか。
ダッシュしながら、
どの程度の作業量と時間がかかるかを
判断し、期限の修正が必要であれば、
スタート直後に周囲と調整をしておく。

 再建作業で、様々な業種の方々と
仕事をしていると、そんな中で
農業関係者はなんと期限が守れない人が
多いことか、それに驚く。
発注元の我々農家が
甘やかせすぎたせいかも知れないし、
業界内の競争原理の欠如(縄張り)が
大きく影響しているのかも知れない。
いずれにせよ、まずは自分ができる範囲での
進捗管理を続けるしか道はない。
それをうるさいとか、細かいとか
言われようとも。

(基本なので by 農園主)

この記事のURL | 仕事の流儀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<いけそうな予感 | メイン | 月見草の名言>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2924-9245e7c8

| メイン |