FC2ブログ
農を考える(保険について)
2020/01/16(Thu)
 どんな仕事にも、
ビジネスリスクはつきものだが、
農業の場合は、今回のことが示すように
自然災害への備えは必須である。
まずは、ハウスなどの施設の仕様は、
補強を含めて工夫すること。徹底的に。
その上で、保険に入ること。

「何かあったら、行政が助けてくれる。」
多くの農家がそう思ってきたことだが、
補助金を恒常的に期待することは、
もはや現実的ではない財政状況であり、
事実、今回の補助事業の実行要件として
保険の加入が義務化された。
今後の自然災害には、
「自助努力で再建しなさい」という
農水省からのメッセージであり、
補助金は今回で最後になる?
という見方もある。

 多分、その方向性は
間違っていないものと推察するが、
問題は、国庫が助成する農業用の
共済保険の補償内容と掛け金が
その意図に沿っていないということにある。
ハウスの再構築費用がカバーされない
商品設計、高すぎる掛け金、
そういう現実がある。
保険数理に詳しいわけではないが、
母数を大きくすれば、掛け金の負担が
小さくできることくらいは分かる。
保険の手当てまで踏み込んで
初めて本当の助成事業の仕上げと
なるのではないかと思う。

(両輪が要る by 農園主)

この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<これ、いいね (地酒 梅一輪) | メイン | プロジェクト M (メッセージ編 その2)>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2896-6da96d7a

| メイン |