FC2ブログ
再建に向けて
2019/10/31(Thu)
 仕様ハウスの勉強をするために、
埼玉県へ訪問させていただいた時に
伺った話なのだが、5年前の雪害の後に
再建をされた農家の中には、
補助金を利用して立派な鉄骨ハウスを建て、
今になって支払いが滞っている人が
少なくないそうだ。

 確かに、自分のハウスが倒壊した
姿を見たら、次は絶対につぶれないものを
建てたいと思う。 当たり前の話だ。
どこまで費用をかければ、
半永久的なハウスが作れるのか。
当園の最初の発想もそこにあった。
しかし、千葉県以外の生産者や
施工者と触れ合うにつれ、
「で、どう生きていくの?」という
これまた当たり前の話にぶつかる。
農業は、決して収益性の高い仕事ではなく、
過大な設備投資を簡単に回収することは、
とても難しい。
それはどんな仕事でも同じだと思う。
しかし、そこに補助金という支援があると、
「せっかくだから」とか
「どうせなら」とか、
そういう観点で再建コストは
跳ね上がっていく。
「コンピューター制御で
栽培管理をする時代です。」
そういう売り文句も
耳障り良く聞こえてくる。

「イチゴが望んでいること」
「自分たちの生き様に合うこと」

 そういう視点から再建していくことが、
大事なのではないかと思っている。

(知恵熱が出そうだ by 農園主)


この記事のURL | ハウス再建 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ダイエットの極意(教えたくないけど) | メイン | 濃霧注意報>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2819-b9b741d2

| メイン |