FC2ブログ
高知県訪問記
2019/10/10(Thu)
 高知県は土佐市を訪れた。
(株)ジャットのご厚意で
当地の久保田肥料さんをご紹介いただき、
様々なハウスをご案内いただいた。
「この50年の間に(ハウスを)
壊されたことのない人はいない」という。
当地は、地元の方々も“台風銀座”と
呼ぶほどに旧来から通り道であり、
洪水の経験も古い。
そういう地に勉強に参った。
噂には聞いていたが、
なんと木造のハウスが現存する。
同時に鉄骨のハウスが
すぐ隣に共存している。
歴史の古さと多様性は、
一種のカルチャーショック。

【写真】丸太と木材で作られたビニールハウス

 頑丈なハウスを建てても、
「いつも心配」 という方、
昔のままのハウスだから
(千葉よりはよっぽど強いが)、
「心配なので、被覆フィルムは毎年剥がして、
あるいは巻き上げて 大風をやり過ごす
ことにしている。」 という方。
手法は様々ながら、台風の脅威を
切に実感しているのは間違いのないこと。

(戻りガツオは来月だそうだ by 農園主)

この記事のURL | ハウス再建 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<19号へ向けて | メイン | 徳島県訪問記>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2798-d1699ca2

| メイン |