FC2ブログ
現状を視る
2019/10/08(Tue)
 津田さん(安房竹材)の案内で
南房総市のハウスを視察してきた。
忙しいところ、時間を割いてもらった。
君津以南の地域は被害が大きいと
聞いていたが、想像以上に大変厳しい。
視察の目的は、当園同様に
倒壊してしまったハウスと
無事だったハウスを見聞することで、
今後の再建に役立てたいと考えてのもの。
ヒアリングに応じてくださった
農家さんには、とても感謝している。
「全部壊れてたら、
 もうヤメたんだけどね。」
そういう重い言葉もあった。

 結論は出せないが、
少なくとも口径22~25㎜の普通の
パイプハウスはほぼ倒壊している。
当園のように42.7㎜の補強を
入れているものもほぼ倒壊。
42.7㎜以上のパイプだけで建てたものでも
パイプのピッチ(間隔)が90㎝のものは
傾いている。
一方で、60㎝ピッチのものは無事であった。
(一般の方向けに言い直すと、
 一定以上の太いパイプを使って
 間隔を狭くすれば、今回の台風を
 耐え抜いたということ。)
さらに、補強も接続方法次第では
効果が薄いこともわかった。

 ちなみに、
山形県の施工者(お客様のご紹介)と
相談をしていたら、
「えっ? 90㎝ピッチですか?
60㎝以上はありえない。
建てたことないです。」 と。
千葉県には特殊なところがあるようだ。

(シアワセだったからだと思う by 農園主)

この記事のURL | ハウス再建 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<徳島県訪問記 | メイン | アランとポール ( 透け透け 編 )>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2796-ab0b94ce

| メイン |