FC2ブログ
パッション(情熱)
2019/09/21(Sat)
 大学の友人から励ましのメールをもらった。
彼は大手精密機器メーカーの
韓国現地法人の責任者として赴任している。
この厳しい環境だから、
きっと苦労も多いことと推察するが、
気にかけてくれている。

「こちらは、日本製品の不買運動で
今後どうなる?と心配する本社スタッフと
取引業者が状況確認でどっと押し寄せました。
確認しに来ても、実際のところは
わけが判らない。
ただ、雰囲気としては日本に関係すると
陰口されるようなところがあり
お世辞にもいいとは言えない。
出来ることは物流費の削減と
システム化による効率化。
Staffのモチベーション維持。
少し居心地は悪いが、
身に危険が及ぶこともないので
何とかなっています。」

 世界中、それぞれの持ち場で、
みんな汗をかいて歯を食いしばって
頑張っている。
パッションこそが、周りに勇気を与え、
協働を生む源だと思う。
彼のプレイスタイルは、昔からそうだった。

(泥臭く by 農園主)


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<子苗の嫁入り | メイン | いざ、キックオフ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2779-3895a1a7

| メイン |