FC2ブログ
渾身の絵なのだ
2019/07/29(Mon)
 甥っ子の瞭太郎から
素敵なプレゼントをもらった。
農園の風景を描いた油絵である。
何度も何度も描き直し、
1年がかりで仕上げてくれた。
白い受付ハウスと花壇のキンセンカ。
アランとポールがいて、
青空に白い雲が浮かぶ。
農園の雰囲気がとっても伝わってくる。

【写真】甥っ子・瞭太郎が描いたポレポレ農園の絵(受付ハウスとアランとポール)

 絵に詳しい人に聞くと、
白いものを描くのは難しいのだそうだ。
のっぺりとしてしまい、
立体感を出すのに工夫が必要になる。
瞭太郎に聞いてみたら、
やっぱり苦労したことは、
白いハウスの色だそうだ。
純白ではなく、少し茶系の色を入れたと。
アランとポールの体形も表情も、
陰影を重ねているので、
知っている人は「似てる~」となる。

 来シーズンは、受付ハウス内に
展示する予定なので、是非お楽しみに。
現在、瞭太郎画伯?と、この作品について
買い取り価格を交渉中なのであるが、
人を感動させることは、
大変な価値があるものと承知しているので、
値切るわけにもいかないかな。
絵を通じてポレポレ農園が
好きなことを伝えてくれたことが嬉しい。

(ありがとう by 農園主)


この記事のURL | 友人・家族の話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<大志を | メイン | 夏、本番へ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2724-4135906e

| メイン |