FC2ブログ
香川県三木町 訪問記
2019/06/12(Wed)
 人口3万人の当地にはイチゴ農園が
50軒ひしめく伝統的な産地である。
(かつては200軒あったそうだ。)
当地の栽培技術に先導的役割を
果たしてきた農園のひとつに、
「苺ファーム森本」 があり、
念願かなってようやく見学をさせて
いただいた。

 芽の選定や葉の選定、摘花は、
どの農園でもシーズン開始から 
2月くらいまでは努力する。
しかし、春がやって来ると生育の
ペースに手入れがどんどん遅れ、
ついには諦める。
あるいは、はなから諦めている人もいる。
そういう生産者が関東ではほとんどで、
名人と言われる方もそういう傾向はある。
そこを、徹底的に“突き詰める”仕事を
続けるのが“苺ファーム森本”の真髄であり
技術に裏打ちされた品質を求めて
日本中から注文が舞い込む所以である。

 どきどきとワクワクの鼓動を感じながら、
圃場を見させていただく。
―これかっ~、凄いなぁ。
溜息が出てしまう。
徹底的なまでの“ひと芽”管理、
葉は5枚まで。
「今年は樹が旺盛だったので、
花の数を通常の7個から
8個に増やしました。
食味も安定したし、
収量も多かったですね。」
この言葉の本当の意味を理解できる
農家は意外に少ないような気もする。
実践できる人は、と言えば、
多分ほとんどいない。
これは自分たちも含めてである。
しかし、それは無理だよ、
そう思った瞬間に永遠に時間は止まる。

 そのレベルを何十年も続けている人たち
がいることを目の当たりにして、
“やり切る”というか
“やり切れる"こと,
それが一流の世界なのかなと
垣間見れた気がする。

(衝撃のパンチなのであった by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<香川県訪問記 その2 | メイン | た、たまご?>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2677-a175c76a

| メイン |