FC2ブログ
愛の温度と予約の関係
2019/05/31(Fri)
 今シーズンの開園が終了してから、
ずっと考えていることがある。
いちご狩りのご予約の方法だ。
予約の電話が混み合うことが増え、
抽選にしてほしいという要望を
今年初めていただき、
どうしたものか、、、と。

いちご狩りの最終日にご来園いただく
ご家族はリピーターの方々が圧倒的に
多いのだが、その中でシーズンに
何度も来園くださるご家族がおられ、
ご主人と少し話をさせていただいた。

「まだまだ、シーズンやれそうですけど」
―いつも、そう言っていただき嬉しいです。
でもそう言われるうちが花ですよね。
「予約の件、色々あるみたいですね」
―ちょっと悩んでいます。
励ましのメールも皆さんからいただいて。
でも全員が“このままでいい”という
ことをおっしゃいます。

「私は、ポレポレさんの決めたことを
尊重しますけど、予約電話も
相当楽しんでます。
シーズン初めに行けそうな日を
何日か決めて、家族みんなで、
いくぞ~と電話するのですが、
でも、当然ダメな時もあります。
それでもなぜか、
私の電話がかかりやすくて、
毎回、株が上がるんですよ。ハハハ。」

 初めて伺ったのだが、昔からご家族で
様々な地域へいちご狩りに出かけた経験が
あるそうで、そういう方がそれでも、
当園を愛してくださっている。

 奥さんとお嬢さんが、いちご狩りの後、
「四葉のクローバーと五葉のクローバーも、
見つけたの。びっくり。
さすが、ポレポレさんね~」
駆け寄って見せに来てくれたことを思い出す。

【写真】お客様が見つけた“四葉”と“五葉”のクローバー

(このままでいいのかな by 農園主)




この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<6月である。 | メイン | “苺ッス”の新しい飲み方の話>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2665-310faf1f

| メイン |