FC2ブログ
お父さんからの贈り物
2019/03/26(Tue)
 毎年来園いただくご家族のお話。
予約の電話は、いつもお父さんが
独りでかけ続けていて、昨年まで
そのご苦労を奥さんも長男も
全然知らなかったことが判明。
我々が詳しく状況をお話したことで、
お父さんの株が一気に上がったという
経緯がある。

 シーズン初めの1月から、
時々チャレンジの電話をして、
ご来園が5月になることもある。
今年は3月のご来園。
懐かしさに「今年は、早いお越しで」
そう笑いかけると、照れながら、
「息子が4月から中学生になるので、
頑張りましたよ」と。

 今も電話担当は、
お父さんの役割だそうだが、
「これは家族へのプレゼントなので、
それでいいんです。予約が取れたら、
連れて行く、そう決めているんです。」

 ご家族全員で、予約の電話を
かけることから、“イベントが始まる”
という楽しみ方?もよくお聞きする。
でも、こういう単騎戦もある。

 皆さまの様々な思いをしっかりと受け止めて、
準備をしていきたいとあらためて思う。

(ご期待以上を by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<新生ジャム始動へ | メイン | アランとポール(そろそろ互角?編)>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2599-179239f0

| メイン |