FC2ブログ
ホントの品格
2019/03/07(Thu)
 「近ごろの若者ときたら、、、」
年配者はいつの世も
同じことを言いたくなる。

 平日のいちご狩りに
来園してくれた女子2人。
共通の俳優が好きで
仲良しになった学生さん。
将来はスタイリストになることが
共通の夢だとか。
確かにちょっと君津では見ないような
ファッションナブルなセンスであった。
電車で君津駅まで来たというので、
帰りは、駅まで車でお送りした。
「大きいいちごは全て私たちが、
食べちゃったかもデス~。」
「息抜きになりました。超~楽しかった。」
とても明るい元気な2人であった。

 駅前で手を振って別れた後に、
電話がかかり、定期券の入った
パスケースを農園か車の中に
忘れたようだと。
なるほど、後部座席にあった。
駅まで引き返して、再度、手を振る。

 実は、この彼女の忘れ物電話に
嫁さんと感心してしまったのだ。
開口一番に彼女が言ったことは、

「先ほどは、駅まで送っていただき、
ありがとうございました。」

 忘れ物に慌てて、普通なら大人でも、
用件から入ってしまいがちな場面である。
「パスケースを探しているのですが、、」と。
年配者も少し立ち止まって、
自らの立ち振る舞いを
見直さないといけない。
そう思った。

(夢が実現するといい by 農園主)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<明日の早起き | メイン | 春の味>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2580-f9b94108

| メイン |