FC2ブログ
主観?客観?
2018/12/17(Mon)
「どうしたらああいうネタが
できるのですか?」

「自分が客席にいたとして、
その自分が見て笑うものを
やっているだけ」

 当たり前というテンションで
出されたその答えは、
僕にとっては衝撃的だった。
僕が考えているものには、
いつだって自分はいなかった。
お客さんは何を言ったら笑うのか
ばかりを考えていた。
(「天才はあきらめた」山里亮太著)

 南海キャンディーズの山ちゃんが、
まだ売れなくて悶々としていたころ、
ブレイクし始めた「千鳥」に
言われた言葉だそうだ。

 “客観的”であることは、難しい。
お客様の目線で考えているだけでは、
足りない。 
もちろん、自分たちの都合で
仕事をしていないか、
その自問自答も“客観的”である
と言えるが、
自分だったら本当に楽しめ、
満足できるのか?
自分の期待以上で感動できるのか?
精一杯の主観を持って客観的であることが
本当は求められている。

(だから仕事って、厳しい by 農園主)

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<暖冬なのだ | メイン | 品種いろいろ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2500-8ab7ecc8

| メイン |