FC2ブログ
産業革命以前の?生活
2018/11/21(Wed)
 先日、東京神谷町にある
印刷会社に立ち寄った。
“コンフィチュール”の商品化に向けた
準備を相談するためである。
当店は、嫁さんがネットで見つけたところで、
注文も全てネットを通じてできるのだが、
使う紙質などは、さすがに直に
確認しておきたかった。
窓口の若い担当者は、大変業務に
精通されていて、話が早く、ストレスなし。
ちなみにこの会社は全国に4店舗しかなく、
ネットツールで十分営業していけるという。

 こういう情報ツールの社会的な浸透は、
首都圏に一極集中することなく、
どこでも仕事ができるということであり、
仕事場と生活の場が接近するという効果を
生み出しているはずだ。
これは豊さのひとつだと思うのだが、
なぜか、そういう声はまだまだ聞かれない。
「せっかくそんな豊かな生活が
できる条件がととのったというのに、
どうして多くの日本人は、いまだに
高度経済成長期からバブル期にかけての
企業社会が築いた特殊な価値観に縛られて、
不自由な人生を送ろうとするのだろう。
まだ、そうした時代の変化に、
気づいてさえいない人が多いようだ。」
(エッセイスト 玉村豊男氏)

(発想の転換へ by 農園主)


この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<イチゴ部会、視察研修会 2018 | メイン | 花道へ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2474-9c81b1a9

| メイン |