FC2ブログ
ミツバチたち(女王バチのフェロモンについて)
2018/11/11(Sun)
【写真】本圃ハウスに置いたミツバチの巣箱の様子

 女王バチは巣全体を支配しているかの
ような印象を持たれるが、
必ずしもそうではない。
確かに1日に2,000個もの卵を産み、
自分の子供たちである働きバチを中心に
コロニー(真社会性)を形成する
という点では、支配していると言える。
また、女王バチから出されるフェロモンは、
巣の中で、自分が健康であること、
卵を順調に生んでいることを知らせ、
働きバチたちは安心してそれぞれの仕事に
励むことができる。
( 「ミツバチの教科書」 F・チャドリック他 著)

 しかし、ひとたびそれらが崩れた
場合には、働きバチは、王台と呼ばれる
女王バチ専用の大き目の巣房を作り、
卵を産ませる準備をする。
新しい女王バチの誕生のためにである。
力の落ちた女王バチは
排除されることになる。
その意味では、真の支配者は、
働きバチということになるのかも知れない。

(種の保存のために by 農園主)

この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<これ、いいね (本当の?カプレーゼ) | メイン | レギュラーメンバー>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2464-ddb95d1c

| メイン |