FC2ブログ
葉と根の関係
2012/10/19(Fri)
 明け方、農園から雪をかぶった富士山が見えた。
これから寒くなるに連れて、どんどんきれいに見えるはずだ。

[写真]ポレポレ農園の後ろに見える富士山


 農園では、葉かきが始まっている。
古くなった葉を掻くように取り除いていく作業である。
勿論12,000株全てだ。
定植してから2週間が経つので、2枚程度を葉かきしていくことになる。
1週間に1枚のペースで新葉は展開していくからだ。

 根。
大抵の野菜の根は、種子根と呼ばれる一本の根がまず土中に降り、
それが太くなりながら、周りに側根が生えていくのが一般的。

 イチゴは、根元(クラウン)の古葉の付け根から、
沢山の細い根が順次発達していく。不定根(ふていこん)と呼ばれる。
イチゴの根は深く伸張せず、比較的浅い分布(地中30cm以内に90%)であるのが、
この不定根の特徴である。

 しかし、この根は短命であるため、新規の発根が大変重要になる。
そこで「葉かき」の出番だ。
葉を掻くと、その根元から不定根の発根が促される。
これを継続的な作業とすることで、
シーズンに向け、どんどんいい株になるはずである。

( 日記は続く方だ by 農園主 )


この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アランのこと (「まさ王」編) | メイン | セイタカアワダチソウ>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/246-e0bf3747

| メイン |