FC2ブログ
ミツバチたち
2018/04/17(Tue)
 ミツバチが今年も分蜂(ぶんぽう)した。
受粉のためにミツバチの巣箱を
養蜂家の方からお借りして、
ハウスの中に入れてあるのだが、
それ以外に予備の巣箱も借りていて、
それは屋外に置いてある。

 毎年この時期に、この巣箱から女王バチが巣立つ。
女王バチは、新女王バチを産んでから、
自らはその巣を譲るために、
一部の働きバチを連れて新しい巣を作る。
その時に巣の外で、塊りとなって数日間過ごす。
これが分蜂である。

【写真】アランフィールド内ののぼり台の下に分蜂したミツバチの様子

 それが、今回はなんとアランフィールド内にある
登り台の板の下に直径30㎝ほどの
ミツバチの塊りが出来た。
そういえば、先日アランが鼻の先を
赤く腫らして痒そうに痛そうにしていたのは、
この前触れだったのかも知れない。
無邪気なポールは、いかにも悪戯をしそうなので、
すぐに避難させて、養蜂家の方に来てもらった。

「これ(ハチの塊り)持って帰りますね」

【写真】分蜂したミツバチたちを養蜂家の女性が巣箱に入れている様子

 笑顔でそう言うと、ハチに煙をかけながら、
塊りを少しずつヘラのようなもので木箱に
入れていく。
“ハチの巣をつついたような”騒ぎとはほど遠く、
静かにリズムよく、連れて帰られた。
プロの呼吸というか、間合いというか、
そういうミツバチたちとの自然な空気であり、
仕事のヒントを見たような気がした。
ちなみに、その後、残ったハチに安易に近づいて
追い回されたことは、少し恥ずかしい。

(頭の上を by 農園主)

この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ポレドレ・クッキング | メイン | あと3日>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2256-7ce86697

| メイン |