FC2ブログ
寒青(かんせい)
2017/12/27(Wed)
【写真】受付ハウス内に待機中の門松

 農園の玄関に門松を飾った。
ご近所の方からいただいたもので、
ご主人の手作りだそうだ。
見事な出来栄えである。

 漢詩で “冬の松” を表す「寒青」は、
健さんの好きな言葉で、
腕時計の裏蓋に彫っていたのだそうだ。

「凍てつく風雪の中で、
 木も草も枯れ果てているのに松だけは、
 青々と生きている。
 一生のうち、どんな厳しい中にあっても、
 自分はこの松のように、
 青々と、
 そして活き活きと人を愛し、信じ、
 触れ合い、楽しませるようにありたい。
 そんなふうに生きていけたら、、、。」
( 「旅の途中で」 高倉 健 著)

( 当園もそうありたい by 農園主 )

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<愛車 | メイン | 赤い宝石>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2145-2d06441c

| メイン |