FC2ブログ
運命のドラフト会議 2017
2017/10/26(Thu)
 毎年、ハラハラさせられる。
獲得したい球団と入団したい選手が、
相思相愛だとしても、
抽選でその運命を決めなければならない。
なんと理不尽な。
しかし、資金力のある球団に選手が偏在することを
避けるためという球界全体の「平等」がこの手法を
正当化する。

 ただ、その後の人生で、
何が吉と出るかは分からないことを
みんなよく知っているので行方を見守っている。
ハラハラしながらも。
もし、彼らに一言言わせてもらえるなら、
どの球団に行くかというより “一流” の人間に接することが
できる環境かどうか、それがもっとも大きなこと。
サラリーマンだって同じ。
たとえ、自分が一流になれなくとも、
視野は信じられないくらい一気に広がるからである。

「目指される選手になりたい」
多くの球団から指名された高校生が抱負をそう述べた。
一流は、最初から一流の視点なのである。

(我々だって、これから by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<来たぁ~ | メイン | “排除”のこと>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/2083-ff449462

| メイン |