FC2ブログ
積み重ねの先に
2016/11/29(Tue)

 “かなみひめ”の葉かきと脇芽取りをしている。
どの葉や芽を取り除くべきか、その見分けを迷うことは少なくなった。
これは経験の積み重ねであり、その意味では慣れれば誰にでもできるようになる。
イチゴから聞きたい言葉はその先のことだが、対話の実現はまだまだ遠い。

【写真】葉かき作業中の“かなみひめ”の根元の様子

 先日、絵本作家の甲斐信枝氏のインタビュー映像を見た。
“雑草のくらし”や“たんぽぽ”などの絵本はロングセラーであるので、
子どものころに見た方も多いかも知れない。
御年85歳の彼女は、今でも天気が許せば近くの農家の畑に出かけて、
雑草を写生しているそうだ。 毎回6時間ほども。
その膨大な写生記録から絵本ができ上がる。
インタビューで “野草から教わったこと” があると言っていた。

「安住せよ、時間がちゃんと解決してくれる」

 彼女の言葉の本質を理解するには、もう少し時間がかかりそうだが、
ただ、少し感じるものもある。

( まずは足元をみること by 農園主 )

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<白い息 | メイン | やよいの花>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1751-1f3a539f

| メイン |