FC2ブログ
“働く”ことの意味
2016/10/25(Tue)
 アランは、毎日懸命に草を食べている。健気なくらいである。
しかし、動物の世界には“とりあえず必要”とされる以上の
仕事をするということはないのだそうだ。

 「どうして人間は、“とりあえず必要”である以上のものを作る気になったのだろう?
おそらく“とりあえず必要”じゃないものは“誰かにあげる”以外に
使い道がなかったからである。
人類の祖先たちは作りすぎたものを“誰か”にあげてみた。
そしたら“気分がよかった”のである。あるいは“気分がよい”ので、
とりあえず必要である以上のものを作ってみたのかもしれない。」
( 「知に働けば蔵が建つ」内田樹著)

 誰しもが合理的な言葉でうまく説明ができない“働く”ということの意味は、
そういうところにあるのかも知れない。

( そう思うと進む方向は自ずと見えてくる by 農園主 )

この記事のURL | 本棚 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アランのこと ( 秋の夕焼け編 ) | メイン | これ、いいね (ガパオライス)>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1715-73385ece

| メイン |