FC2ブログ
農を考える ( “憧れ”について )
2016/08/06(Sat)
 「農業に憧れがあって」
 「自給自足の生活もいいなって」

 新しく農業を始めようとする人が増えているそうだ。動機は様々であろう。
新規就農希望者の研修期間に給付金(月15万円)が助成される制度も後押ししている。
確かに、当園にも若い方から定年を迎えた方など様々な人が話をしに来られる。
ただ、趣味や生き様としての農業なのか、生業としての農業を志向しているのか、
ご自身でも混同している人が意外に多いと感じる。
そもそも、プロとは何か。
「社会の一員として、社会での役割を担い、社会から必要とされること。」
そう思っている。独りよがりではいけない。

 中長期のビジネス設計(野望)はあるか、収支・資金計画はどうか、
どういう商品をどのようなお客様に購入していただきたいのか、
そのための施策は何があって、その進捗はどうなっているのか、
お客様は商品やサービスにどこまで満足しているのか、その向上のために何をすべきか。
世の中で働いている人達が普通にやっていることを普通にやる。
一流のいちご農家の先輩方では当たり前のことであり、我々のようなヒヨッコでもそれは同じ。

 ちなみに、“農業への憧れ”を感じたことはない。
誤解を恐れずに言うと、“農業”をしている意識もあまりない。
「お客様と“ポレポレ農園”を運営している」そういう気持ちである。

( 目指せ、プロフェッショナル by 農園主 )

この記事のURL | 農を考える | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<夏本番 | メイン | リザーブたち>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1635-0196e324

| メイン |