FC2ブログ
ミツバチたち 2016年( 分蜂のこと )
2016/03/30(Wed)
 イチゴの受粉を助けてもらうため、本舗ハウス内にはミツバチの巣箱が置いてある。
さらに、屋外にも置いてあるが、これは予備の巣箱である。(なんと全てレンタル)
ミツバチは、突然に機嫌が悪くなって巣箱から出て来なくなることがしばしば。
環境が良くないために女王バチが卵を産まなくなることも。
また、過去にはミツバチの病気が流行したこともあるので、
予備の巣箱はこうした事態へのリスクヘッジである。
今年は、順調に働いてくれているので、
予備はコストになったが、保険とはそういうものだ。

【写真】三郎畑のサヤエンドウの支柱に群がる分蜂途中のミツバチたちの様子

 その巣箱から「分蜂」が起きた。
驚くほどのミツバチの数が巣から飛び出し、ブンブンと空中を飛び回り、
数メートル先の三郎畑へ。
サヤエンドウの支柱に集合し、
高さ60センチ、幅40センチほどの大集団になったではないか。
真ん中には、女王蜂がいるという。出て行くのは、必ず古い女王蜂である。
新しい女王蜂が生まれると、母親である古い女王蜂は働きバチの一部を連れて、
巣を出て行く。なんとも潔い世代交代なのである。
ただし、その後の巣箱内では次女たちとの間で闘いがあるそうである。
ちなみに、この集団は目当ての新しい巣へ向かって翌日旅立って行った。
面白いのは、半数くらいが古い巣箱に戻ったことである。

( “組織論”を教えてくれる by 農園主 )
 
この記事のURL | ミツバチたち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<4月入り | メイン | 親苗 2016年>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1506-5978a0e1

| メイン |