FC2ブログ
師匠の代理人
2015/12/15(Tue)
 “固唾を呑んで見守る”とはこういうことを言うのだろうか。
2歳になる男の子が当園の今年“初”のいちごにパクつく。
小さい子は、ただでさえ正直、好みでなければペッと吐き出す人種だ。
しかも実は、この子は師匠のお孫さん。
大のいちご好き、生まれながらにして最高級のものを食している。

 見ていて緊張しないわけがない。
何を言わずともヘタの方から黙って食べるところは、流石だ。
一口目は小さく。まるで確かめるように。
見ている方はこの瞬間が一番きつい。
吐き出すか、二口目にいくか、の分かれ道だ。
「ぱくっ、ぱくぱく」
すると先に行くにつれてペースは速まり、先端まで一気に食べると、
なんと、次のいちごを求めて手を出したではないか。
やった、思わずガッツポーズが出てしまう。
しまいには、三つ目を求め、母親の制止を振り切って泣き叫ぶのであった。
おかげで、今シーズンも何とか自信を持って開幕できそうだ。

[写真]真っ赤に色付いた大粒のおいCベリー

( かいくんの御墨付き by 農園主 )

この記事のURL | 師匠の言葉 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<アランのこと ( 自覚編 ) | メイン | プロジェクトT ( お客様のもとへ編 )>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1400-dd71f224

| メイン |