FC2ブログ
勇者
2015/10/03(Sat)
 ラグビーの話になる。
先日のスコットランド戦は大敗だったが、五郎丸選手のあのタックルが評価されている。
前半終了間際に魅せた間一髪のディフェンスである。
タックルの姿勢は、相手が走って来る方向に合わせるもの、と教わる。
例えば、左に走ってくれば自分の左肩と左腕で相手を止める。
そうすると、自分の頭は相手の膝裏に入ることになり、脳震盪や首の大けがが防げる。
もし、それを間違えると“逆ヘッド”となり大変危険なのだが、
首で相手を止めることになるのでディフェンス力は格段に上がる。
そう、五郎丸選手のあのタックルである。
“決死の覚悟”で選択したアタックだった。もはやディフェンスではない。

( さぁ、次の一戦へ by 農園主 )

この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<サボれない | メイン | 強風の後>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1327-b5baa48c

| メイン |