FC2ブログ
飛躍のために
2015/07/04(Sat)
 降ったり止んだりの雨の様子を見ながら、育苗ハウスの換気を開け閉めしている。
ふと周りの田んぼの苗をよく見てみたら、“中干し”の間にすっかり逞しくなっている。

[写真]農園前の田んぼで稲が育っている様子

 この時期から、稲の生育の方向が少しずつ転換していくそうだ。
穂を出し、実りを進めていくための準備段階に入るのである。
そこで欠かせないのが、田んぼから水を抜く作業。
田植えの後、田は常に水が湛えられた状態になっているため、
放っておくと稲にとって有害なガスや酸が発生し根の発育に悪影響を及ぼすという。
“中干し”によって、土中酸素が補給されると共に、有害ガスも放出されるため
稲の根の発育は旺盛になる。
更には、肥料の過剰摂取を抑えることで株(茎数)の分げつを抑える。
これでモミ数を制限し、モミの実入りを充実させることになるのだそうだ。
何でも過剰ではいけない。
多少ストレスがあるくらいが調度いいのかも知れない。

( 秋の黄金色の穂に向けて by 農園主 )

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<罵声とケーキと | メイン | シトシト>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/1236-f2610dea

| メイン |