FC2ブログ
レンジ・ブレイク
2012/06/01(Fri)
 「かなみひめの葉の色が、少し薄いかな」と思っていたところ、
師匠は即座に判断。追肥のアドバイスをもらう。
いっしょに育てている「やよい姫」の方は、葉の色に問題はない。

 肥料の与え方は微妙だ。
同じだけ与えても水やりの量次第で、肥料が溶け出すスピードに差が出るため、
肥料効果が切れる時期がずれてくる。

 観察眼が大事なのは無論であるが、そこに客観的な数値で補いたい。
何とかならない?

 「硝酸イオン・メーター」(堀場製作所)
植物体内に含まれる硝酸イオン濃度が測定できる計器。
肥料の主成分であるチッソ成分(硝酸態窒素)が、体内にどれ位あるかを
測定することで、肥料の吸収度合いを判断する試みである。
測定液は、茎をつぶして体内の水分を採取する。
データでは、イチゴは2000ppmを超えるとチッソ過多で病気になりやすい。
また、低すぎても抵抗性がない。(ppmは100万分の1)
1300ppm程度を上限とし、600~800ppmのレンジ推移を基本とすることが、
理想と見られる。

 測定してみたら、やよい姫はレンジ内にあったが、
かなみひめはレンジの下限を切れていた。
硝酸イオンが少ないということは、やはり肥料不足か。
この試みは、ワークするかも。
次の課題は、追肥の量とイオン濃度の関係。。。


( イチゴが話せれば、世話なし by 農園主 )



この記事のURL | 農機具・設備の紹介 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<マサイクロス | メイン | A I>>
コメント:
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック:
トラックバック URL
→https://polepolefarm.blog.fc2.com/tb.php/107-5ac6b489

| メイン |