FC2ブログ
薄くて濃い
2021/06/21(Mon)
【写真】採苗中の“やよいひめ”の様子

 “やよいひめ”の採苗の様子である。
実は、昨シーズンは存続を賭けた
勝負の年であった。
培地加温(床暖房)を導入し、これで
冬場の果実が満足できるものでなければ、
この品種の栽培を諦める覚悟であった。
そういう事情もあって、
栽培面積は最小にまで狭めていたので、
収量はとても少なかった。
必然的に店頭に並べられるのは、
開店時に限定され、新生“やよいひめ”に
遭遇できた方は少なかったかも知れない。
それでも、反響は期待以上で
手応えを感じたので
今シーズンは一転、
面積を増やすことにした。

 ちょっと心配なのは、
“やよいひめ”の果実の薄~い赤色である。
“紅ほっぺ”や“おいCベリー”の
鮮やかな赤色に並べると見劣りする。
風味は負けないくらいに
とても“個性的”なのに。
それを知ってもらうために
初見でいかに手に取ってもらえるか、
そのきっかけの工夫を考えながら、
毎日、子苗に水やりをしている。

(ワクワクとジレンマと by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
皆さまからのポレポレ便り
2021/06/20(Sun)
 皆さまからいただくメールを拝見して、
今年のシーズンは終了したものの、
ポレポレ苺がご家族の生活や人生(大袈裟?)
に関わらせてもらっていたことを知って、
とても嬉しく思う。
いただいたメールをご紹介。

「緊急事態宣言やらなにやらで、
あまり頻度が高くないながらも、
帰省するたびに近所のみらいで
沢山ポレポレさんのいちごを
買って帰っていました。
(次女のいちごブームもあり、
義父母が遊びに来るときも
ポレポレさんのいちごを
買ってきてくれていました)

 月初に帰省した際にFacebookで
冷凍いちごがある旨見かけて、
おいCベリーを購入してきました。
少しずつおやつにしていましたが、
今日は削りいちごにしてみました。
娘たち「ぐー!!!!」と
グッドマークしながら食べております。
(残念ながらお行儀の悪い足が見えてますが…笑)」

【写真】ポレポレ苺の削りイチゴを食べてグッドポーズをするかわいい姉妹

ちなみに、次女のお嬢さんが
保育園で覚えてきた“ぐぅー!”を
家で初めてしたのが、ポレポレ苺だったそうだ。


(ありがとうございます by 農園一同 含むアラン&ポール)


この記事のURL | お客様の話(いちご狩り) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
痺れのワケ
2021/06/19(Sat)
【写真】株抜き作業中の本圃ハウスの様子

 いよいよ、“株抜き”の開始。
高設ベッドに植わっていた
いちごのクラウン(根元)と
地中の根っこを鎌で切り取っていく仕事。
これをしっかり掘り出しておかないと
今後半年間では地中で分解されないので、
次シーズンの土の異物というか
固物になってしまう。
12,000株あるので、結構な大仕事である。

 嫁さんは鎌の使い方が上手いのだが、
自分はどうも力まかせなので、
いつも手が痛くなる。
しかも、今年はいつもより相当硬い。。。
根がびっしりと張っているのは、
栽培が上手くいっていたということなので、
とても喜ばしいことである。
しかし、いざ片付けとなると
たいそう難儀する。
手がジンジンしている。

(嬉しい痺れ by 農園主)


この記事のURL | 本圃ハウス(片付編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
クロちゃん再び
2021/06/18(Fri)
 ベアハウスとブルハウスの間にある
土手の草刈りをしていたら、
刈り倒した草の影からチラッと
黒い小さなかたまりが見えた。
そのフォルムから、
もしかしてと期待しながら
草刈りの手を止めて覗き込むと
やっぱり、10㎝ほどの若いクサガメだ。

【写真】桶の中から様子をうかがうクサガメのクロちゃん

 昔、農園にいたクロちゃんよりも
ひと回り小さい。
刈り払い機の歯がカスったのだろう、
甲羅に小さいけれど傷がついて
少し血が滲んでいる。
「カメの桶持ってきて」
慌てて嫁さんを呼んで、様子を見る。
傷はすぐに乾いてとても元気そうだ。
クロやトラにあげていた餌を
桶に入れておいたら、
全部なくなっていたので
しっかりと食べたようである。
こちらをおそるおそる気にする
つぶらな瞳。

(2代目クロちゃんである by 農園主)

この記事のURL | クロちゃんです | CM(0) | TB(0) | ▲ top
相互に学習
2021/06/17(Thu)
 “学区探検”の朝9時には小雨も上がり、
晴れ間が見え始めた空のもと、
貞元小の2年生25人が列になって、
先生と保護者の方々といっしょに農園に到着。
5班がちゃんと整列して、
「おはようございます。
よろしくおねがいしま~す。」と、
元気な挨拶から勉強会のスタート。

【写真】クラブハウス前で小学2年生の生徒さん達を前にいちごの話をする農園主

「では、質問のある人いますか?」
「ハイ」「ハイ」「ハーイ」

 矢継ぎ早に手が上がる。予習の効果である。
答えを聞いて必死にメモする生徒たち。
仲間同士で答えを教え合う。
こちらはメモが出来たかを確認しながら、
話を進めていく。
予習して聞いたことを“必ず”メモる。
こういう作動は年齢に関係なく
大事なことだと思う。

 こちらからも、いつもの質問をさせてもらった。
「いちごが好きな人は?」
「ハーイ」(全員)
「ポレポレ苺を食べたことある人は?」
「ハーイ」(3分の1くらい)

 例年は数人だったので、大きな進歩。
今年は直売に注力した成果だと思う。
でも、まだまだ潜在力はある。
いつの日か、全員の手が上がるといいな、
と思わせてくれた。

(そのために勉強する by 農園主)

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
生きること
2021/06/16(Wed)
 仕事でお付き合いのある会社の社長さんに
久し振りにお会いした。
珍しく事務所にいたので、
「あれ?今日は現場じゃないのですか?」
声を掛けると、検査で病気が見つかったと。
体力が落ちてきて、自慢の大型のダンプに
上がれなくなったと言う。
会社は子供やお孫さんたちに任せているので、
自分は留守番だと笑って言う。
80歳、まだまだ元気そうだが、
「仕事している時はね。
だから、ここが最後の場所だったら本望だよ。
ちゃんと遺産相続も済ませたしね。」
いつもの屈託のない日焼けした笑顔である。
ところどころ歯抜けになった白い前歯との
コントラストがちょっと眩しく見えた。

 自分たちは、
どこから来てどこへ去っていくのか。

(生きとし生けるもの、全て by 農園主)


この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
子供たちからの宿題
2021/06/15(Tue)
 近所の貞元小学校の“学区探検”という
野外学習で、2年振りに小学2年生たちが
明後日にやって来る。
昨年は再建工事中だったのでお休みした。

 地域に関心を持ち、関わることで、
地域の良さに気付くことを「ねらい」の
ひとつとしている。
もちろん、グループ行動による
仲間との協力も大事なテーマである。

 この受け入れのご依頼を受ける時に
必ず先生にお願いしているのは、
「ボーッと来させないで下さいね。
せっかくの大事な時間ですから、
予習をして迎えましょう」ということ。
子供たちには“イチゴ”に
興味を持ってもらい、
当方はそれに真剣に向き合って、
濃密な30分にしたいと思う。

 明後日の訪問を控えて、
事前に“生徒たちからの質問”が
送られて来た。
「いちごができるまでに
どのくらい時間がかかるのですか?」
「いちごは何月に咲くのですか?」
「1日に何回水をあげるのですか?」
などなど。

 なかなか栽培の本質を突いた質問が多く、
わかりやすく話をしたいと思う。
なかには興味深いものもある。
「いちごはどうやって、
ポレポレ農園さんまで来るのですか?」
むむむ。。。
どこから来てどこへ去っていくということか。
哲学的な難問?だが、
今晩じっくり考えてみようと思う。

(対話の始まり by 農園主)

この記事のURL | 農園周辺の出来事 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅雨入りの日
2021/06/14(Mon)
【写真】“おいCベリー”の育苗ハウスの様子

 “おいCベリー”の苗取りが始まった。
昨シーズンは、従来のファンの方に加えて、
初めて直売所で出会った方々も多く、
その中毒性?からハマったという声を
たくさんいただいた。
とても嬉しい現象だったと思う。

「これから激戦になって買えなくなるよ」
と昔からのファンの声は、
ちょっと大げさだが、本当にそうなるように、
昨シーズンやり残したことを今シーズンは
きっちりとやり遂げたいと思っている。
一段、いや、ず~っと上がある。 

(課題は山積み by 農園主)


この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
逆転の発想
2021/06/13(Sun)
【写真】受付カウンターに飾っているピンクのモスビー

「苺みたいで可愛かったから」
まゆみさんが買って来てくれた。

 多肉植物がアートミズゴケ(人工)の
上に乗っている。
月に3回くらい霧吹きで水やりをするだけで
育つそうだ。結構忙しい我々には嬉しい。

 クラブハウスに訪れた子は、
必ず、見つけて、
「カワイイね」と喜ぶ。
地味になりがちな多肉植物だが、
強い生命力を見事に活かしている。

(素直にカワイイ by 農園主)

この記事のURL | ご褒美 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“サステイナブル”って?
2021/06/12(Sat)
【写真】農園主の愛車バイク“HONDA・CLUBMAN”

 2台持っているオートバイのうち、
より古い方はこの単気筒エンジンで、
25年以上前のバイクになった。
オリジナルの部品は徐々になくなっていて、
代替部品を探しながらメンテナンスを
してもらっている。
つい先日も“シルバーバード”さんに
お願いして、ブレーキ周りやガソリンコック、
エンジンチェーンなどを交換してもらった。
古いものを現役として
大事に持ち続けることは
それなりにコストがかかる。。。

 「脱炭素」の文字が目立つご時世。
車のエンジンは電気へと
一気に舵が切られている。
二酸化炭素削減、地球環境を守ることに
異論を唱える人はいないと思う。
ただ、古いものを大事にすることは、
新しく製品を創り出すことよりも
エネルギーを消費しないという側面もあり、
流行りの“サステイナブル”(持続可能)に
合致するとも言える。

(それは時代遅れなのだろうか by 農園主)

この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お疲れさまのイチゴ
2021/06/11(Fri)
【写真】イチゴの株を片付けた本圃ハウスの様子

 後片付けをしている。
本圃ハウスのイチゴの株を
抜き取っていく。
まずは、根から上の茎を片付けて
外に運び出す。
(根の切り出しは後日の大仕事)
5カ月間フルに働いてくれたイチゴたちを
あらためて眺めると立派な株である。

 2,000㎡で12,000本、
そこそこの仕事量になる。
しかし、開店に間に合わせた陳列とか
追加の出荷のように、
時間に追われることはなく、
マイペースで進められるのは、
楽なところかも。
ただ少々暑い。
昼の気温は、ちょっと無理になって来たかな。

(誰でも苦手な後片付け仕事 by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(片付編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シャンパーニュ
2021/06/10(Thu)
 昨年の暮れのこと。
再建ハウスとクラブハウスが完成し、
いよいよ新しいシーズンが
スタートするという時、
「おめでとう。本当に良かったね。」
とみこさんが涙ぐみながら、
お祝いのお酒を持ってきてくださった。

 嬉しかったな~。
でも、コロナ禍での新しい営業開始を
目前に控えて、少々不安な気持ちも
あった時期だった。

 しかし、おかげ様で熱い応援に支えられ、
気が付けばあっという間に5か月が過ぎた。
この数日でようやく一段落し、
気持ちも落ち着いたので、
とっておきを持ち出して
嫁さんと乾杯をさせてもらった。

【写真】モエシャンドンのシャンパーニュ

(ほろ酔い by 農園主)

この記事のURL | ご褒美(お酒) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“かなみひめ”の今
2021/06/09(Wed)
【写真】かなみひめの親株と子苗の様子

 昨年に定植した株から子苗を
秋口に採り、越冬させた。
それが親苗(自家苗と呼ぶ)として生育し、
今、ランナーが多く出現している。
頼もしいスタートダッシュである。
しかし、暑くなるとランナーや子苗の出現が
鈍るので、梅雨の長さや暑さの予報を
考えながら、採苗のペースを
考えていかなければいけない。

 昨年は、イチゴだけでなく、
ブドウの生育でも、長梅雨による影響で
記録的に病気が多発した。
もはや、いつも同じやり方は通用しないと
いうことである。

(リスクを探ることも仕事 by 農園主)


この記事のURL | 自家苗への挑戦 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10年目のテントウムシ?
2021/06/08(Tue)
 台風被害の前からも、
再建している時も、
営業を再開した時も
ずっと見守ってくださっていた方々。
思い出すと、つい涙が出てしまう。

【写真】君津・宮崎酒造の夏季限定吟醸酒“雨上がり”

 みよこさんから夏季限定の
地元の日本酒の差し入れをいただいた。
ご主人から「冷やした方がいいかも」と
優しい笑顔。
あれ? ラベルにかわいいテントウムシ?

 偶然、LiSA(「鬼滅の刃」の)が
インタビューで、10周年記念の
アルバムカバーをテントウムシの絵にした
と言っていたのを聞いたばかり。
「テン(10)トウ(10)、ム(6)+シ(4)で(10)」
なのだそうだ。

(みよこさん、そういうこと? by 農園主)

この記事のURL | ご褒美(お酒) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(轟音編)
2021/06/07(Mon)
 お隣の畑で県庁が造成工事をしている。
アラン・フィールドのすぐ脇である。
大型のショベルカーとブルドーザーが
合わせて3台,“ゴーゴー”と地響きを
立てて地面を削っている。

【写真】隣の畑の造成工事の様子


【写真】アランの背後から隣の畑の重機を見つめるポール

 怖がっているかなと思って、呼びかけると
ひとつの小屋の中から2頭揃って出てきた。
多分、ポールがアランの小屋に
転がり込んだものと思う。
我々のそばに来ても
ポールはビビったままで、
アランのかげにぴったりと
隠れるようにしていたが、
アランが全く気にしていない様子を見て、
徐々に落ち着き、
午後には独りでのんびり昼寝。

 造成工事の目的は、“土地改良”との
ことである。
きっといい畑になって、農園からも
いい景色が眺められるようになるもの
と楽しみにしている。

(耕作放棄地のような雑草はあるまい by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
10回目
2021/06/06(Sun)
【写真】子苗用ポットの配置が終わった育苗ハウスの様子

 終日、育苗ハウスに入り浸り。
育苗ポットに土入れをして、
並べ替えていく。
採苗をする準備である。
今日のような雨模様の日には
打ってつけの仕事かも知れない。

 嫁さんが仕上げていくこの模様を見て
育苗の季節が始まることを実感。

(あれ?10周年かも by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(育苗編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今朝のポレポレいちごの様子
2021/06/05(Sat)
【写真】収穫したばかりの“やよいひめ”

 収穫は続けている。
写真は“やよいひめ”である。
酸味と甘味と何だろう、兎に角、
是非、食べていただきたい春の味だ。
出荷したいのはやまやまだが、
収量が少ない上にその他の仕事の
手が回らなくなってしまうので、
そのまま“凍りいちご”にする。
おかげ様で、味楽囲さだもと店では
とても好評である。

「 職場の冷凍庫に入れて、
 ひとつずつ食べてます。
 デザートにね。 エヘッ♪ 」

 皆さまが楽しむ姿を想像しながら、
仕事をしている。

(エヘッ by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「銀証の壁」がなくなる理由
2021/06/04(Fri)
 銀行と証券会社の間には、
30年前から“ファイアウオール規制”
と呼ばれる「情報の障壁」があって、
銀行のグループ内の証券会社は、
顧客が同意していない状況で
情報を共有することは許されていない。
貸付金を持つ銀行は、
企業に優位的立場にあり、
証券業界を守るためのものであった。
その規制が、今年度中にも撤廃する
との報道である。(日経新聞)
これらの業務に携わってきた人間の
ひとりとしては、とても感慨深い。
そもそも、企業にとっては、
資金調達の方法やM&A(合併・買収)を
検討する上で効率的に進められることになる
メリットがある。 でも、どうして今頃?
“コロナ禍”で苦境にある企業の再編を
後押しすることが目的のひとつとされ、
それが30年の壁を壊すきっかけになった
と言える。

 当園の今シーズンの営業は、
いちご狩りを自粛して、ネット販売、
直売所およびスーパーでの販売に注力した。
これは“コロナ禍”でなければ、
ありえなかった選択。
楽ではなかったが、新しいお客さまを
増やすきっかけになったことは間違いなく、
大きな財産になったと思う。
背中を押されたことは事実である。

(色々なことが新常態に向かっている by 農園主)


この記事のURL | 時事放談 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シーズンの振り返り
2021/06/03(Thu)
「今年は味楽囲さんアピタ店と
月2,3回は購入する事が出来ました。
また友人や知人のお祝いには
スペシャルなイチゴをご用意して頂き
ありがとうございました。
来年も楽しみにしています。」

 地元のお客さまからの嬉しい
“労いのメッセージ”が届いた。
宅配のご注文も毎年頂いている方で、
“スペシャル”と喜んで
いただけていることを知って、
とても安堵する。

 そして、今年から挑戦した2店舗での販売。
それぞれの店の使い勝手の良さを
上手くご利用いただけているご様子に
やってみて良かったと思う。
皆さまが買いやすい環境や
少しでも便利なことを考えていくことは、
栽培のことを悩むのと同じくらい
大事なことと思う。

(ご感想がありがたい by 農園主)

この記事のURL | お客様の話(いちご直売) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シーズン終了の祝杯に
2021/06/02(Wed)
「今年はシーズンを通じて
“香り”がさわやかでしたね」
ペルポンテの今野シェフも
通年で食べ続けてくださった一人である。
最終日は人混みの中「ごめんなさいね」と
脇からプレ・ジャムに手を伸ばされたとか。

 今年の春の香りは確かに例年よりも
さわやかに感じた。
早朝(夜中)に収穫していたことが
理由のひとつかも知れない。
日の出の前と後の収穫では、
実の締まり方が違うので、その影響かと。
とすると、今後の収穫時間はいつも、、、。

 シェフから差し入れていただいたワイン。
山梨県甲州市の「キザン(赤)」。
深いコクとさわやかな香りに苦み。
風味は流石である。
苺もこうなれると信じている。

【写真】山梨・甲州ワイン“KIZANの赤”

(家族だけで作るワイナリー by 農園主)

この記事のURL | ご褒美(お酒) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3つの時間軸
2021/06/01(Tue)
 新しいシーズンが始まった。
起床時間は少々楽になって(?) 
3時起き(それでも充分嬉しい)。
いちごの収穫は続いていて、
凍りいちごにする果実を
まだ暗い早朝に選定している。

 そして、明るくなってから後片付け。
収穫を終えた株を抜いていく。
本来、イチゴは多年草であるので
来年も結実するが、残念ながら、
充実したものは期待できないので
今季でお疲れさまとなり、
秋口に全て新しい苗に植え替える。

【写真】育苗ハウスでの子苗用ポットへの土入れ作業の様子

 午後からは、来シーズンの育苗の仕事。
子苗を採苗するためのポットに
土入れを始めた。
50ℓの土袋を持ち上げて土を入れ、
そのポット群を運搬して配置する
チカラ仕事である。

 現在、過去、未来、
時間軸スイッチを切り替えながら、
イチゴ農家の1日が過ぎていく。

(今週いっぱいの予定かな by 農園主)

この記事のURL | いちご農家の日常 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |