FC2ブログ
荒天の月曜日
2021/02/15(Mon)
 普通の生産者なら、こういう日の出荷は
見合わせて、のんびりするものだと思う。
実際、今朝の出荷用の駐車場は
ガラガラだった。
爆弾低気圧とやらで、
午後まで大雨と風の予報である。

 でも、もし、こういう日に
買い物に出かけた人がいて、
「あれっ?ポレポレ苺、今日はないの?」
とか、
「雨で空いている日に買いに来たけど」
とか。
それなのに陳列棚に並んでいない、
となれば、こんな残念なことはない。。。
そんな一念で、今朝(夜中)も
いつも通りにハウスに向い準備をした。
いつも支えてもらっている方々への
小さな恩返し。

(明日は、晴れそうだ by 農園主)

この記事のURL | JA直売所 “味楽囲” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
なんの「いちご」を食べる?
2021/02/13(Sat)
【写真】真っ赤に色づいた“おいCベリー”

 直売所(味楽囲さだもと店)で
販売を始めて、ちょっと驚いたのは、
品種をわからずに、あるいは興味を
持たずに「いちご」を購入して、
食している人がとても多いことだった。
でも、それは知る機会がなければ、
当たり前なのかも知れない。

 ポレポレ農園では、4品種を栽培していて、
それぞれに独特の個性があり、
それらをいかに伸ばしたらいいのか、
いつも悩んでいる。
当園のロゴと品種名のシールを
必ず貼るようにしているのは、
開園当初からの“こだわり”。
ちなみに、当時は嫁さんがシールを
手で切り抜いていた。

「“やよいひめ”まだあります?」
「やわらかいの、“かなみひめ”でしたっけ?」
「“紅ほっぺ”と“おいCベリー”が好きで」

 店頭で陳列をしていると、この1ヶ月で
そういう声をかけていただけるようになった。
品種の味わいの違いを知ると、
食の楽しさは何倍にもなると思う。

(お好きな品種は? by 農園主)


この記事のURL | JA直売所 “味楽囲” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
丸型パック
2021/02/08(Mon)
 “小粒” まで美味いね。

 そういうイチゴが理想だと思っている。
イチゴには養分の配分に優先順位があり、
果房の中で大きい方の果実(先に咲いた花)から
順番に配分されていく。
したがって、小さくなればなるほど後回しに
されることになる。

【写真】JA直売所の味楽囲の店頭に並んだ丸型パック

 ポレポレの丸型のパックは、
小粒ばかりを集めたもの。
個人的には「ピーナッツいちご」と呼んでいて、
パクパクと食べられる、いや、食べたくなる。
そういう自信がある。
自分自身が毎晩、パクパクしているのだから。

(ビールとともに by 農園主)


この記事のURL | JA直売所 “味楽囲” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
どどーんと
2021/02/04(Thu)
 いちごは、年末からの1番果の収穫が
終盤となり、2番果への移行期に入った。
果実の収量が一時的に減る時期になる。
ただ、採れ始めている頂果は、
巨大なものが多く、
見た目にも食べ応えもインパクトがあると思う。
食味は、食べてのお楽しみ。

【写真】二番果の大粒頂果の丸パック

 “頂果のお徳用パック”を数量限定で
今朝、味楽囲さだもと店の当園の陳列棚に
こっそりと?並べてみた。
毎日とはいかないかも知れないが、
こういう仕掛けもしていきたい。

(見っけたら儲けもの by 農園主)

この記事のURL | JA直売所 “味楽囲” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
WAKUWAKUさせてよ♪
2021/02/03(Wed)
 直売所(味楽囲さだもと店)の店頭に
ポレポレいちごを毎朝自ら陳列している。
狭い平面の棚に並べるだけの作業なのだが、
見せ方は幾通りもあるので、
「奥深い」と実感しながら苦労している。
“ポレポレいちご”だとわかるように、
皆さまが手に取りやすいように、
そして、見栄えもいいように。

 お客さまの立場になって、
できるだけ俯瞰的に見渡すようにしているが、
センスがあるわけでもないので、
なかなか正解が見えず、毎朝悩んだ末に、
最後はいつも「えいやぁ」となっている。

 それでも、店頭で「ワクワクした」という
感想を言ってくれる人もいて、嬉しい。
選ぶ楽しさを感じていただきたく、
品種も商品種類もできるだけ、
揃えてご提供したいと思っている。

(DOKIDOKIへ by 農園主)

この記事のURL | JA直売所 “味楽囲” | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>