FC2ブログ
直筆の手紙
2020/05/21(Thu)
 かわいい姉妹と優しい兄弟の
仲良しご家族6人が毎年5月に
東京から来園してくれていた。
私たちは、親戚のおじちゃんと
おばちゃんのようにお会いするのが
とても楽しみであった。
そのご家族みんなから、
嬉しい手紙が届いた。

「 アランとポールのパパとママへ
 今年はいちごがりに行けなくて
 ざんねんだったけど
 いちごがかんせいされたら、
 かならず行きます。
 楽しみにしています。
 きらりより(9才)」

「 アランとポールのパパママへ
 いちごができあがるのをたのしみに
 しているね!
 たいがより(7才)」

「 あらんとぽーるのぱぱとままへ
 またいちごがりいきたいな♡
 ひかりより(6才)」

「 ―かわいいお絵かき― ひゅうが(5才)」
 まだ文字はないが、
 いちごとアランとポールと
 ハウスの様子がよくわかる絵を
 描いてくれていた。

【写真】おうちいちご狩りパーティーの様子

 写真をみると、
「おうちいちご狩り」を
家族で楽しんでいるご様子。
元気一杯の歓声が聞こえてきそうな
明るい笑顔である。

 直筆のみんなの手紙から、
思いやりと優しい気持ちが伝わってくる。
きっと、当園のことを思い出しながら
書いていくれたのであろう。
嫁さんが返事を一生懸命に
準備して書いている。涙しながら。
アランとポールの写真入りの葉書きで。

(来年は一段の美男美女たちへ by 農園主)



この記事のURL | ハウス再建(応援メッセージ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
気持ちを伝播する
2020/04/15(Wed)
「 コロナウィルスで
 落ち着かない毎日が続きますね。
 昨年3月に家族でいちご狩りで
 お世話になりました。
 アランとポールは元気ですか?
 台風15号での被害により、
 休園されていることをホームページで知り、
 「応援しています!」の気持ちを伝えたくて
 お手紙を書いています。
 水害に加えてコロナのこともあり、
 大変なことが続きますが、
 どうかがんばって下さい。
 (でも、がんばりすぎないように)
 来年、またこどもたちと一緒に
 おいしいいちごをおなかいっぱい
 食べに行かせてもらえる日を
 楽しみにしています。」

 とても嬉しい。(涙)
ご自分たちの生活も不便で窮屈な時に
他の人を心配し応援できる心に感動する。
自分もそうありたく、
この感動を、誰かにつなぎたいとも。
もし、どんどん次の人たちへ
思いを渡すことができたなら、
窮屈な世界でも、
きっと心は豊かになると思う。

(できることから by 農園主)

この記事のURL | ハウス再建(応援メッセージ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
南の地で!
2020/02/25(Tue)
 お客さまから貴重なご報告をいただいた。
ご家族で開園当初から応援してくださり、
今回のことでハウスの仕様について、
あれこれと我々が悩んでいることを
知っていて調べてくださる。

「 こんばんは。
 日々再建に向けてご苦労様です。  
 先日沖縄に行って
 イチゴ狩りをしました!
 ハウスの写真を少し撮ったので
 送信しますね。
 台風銀座らしく、頑丈に見えました。」

【写真】沖縄のいちごハウスの様子

 確かに、これは凄い。
補強を見事に工夫されている。
多分コストを抑えながら
日陰を作らないようにし、
かつ強度をしっかり確保している。
きっと、長年の農家の経験に
裏打ちされた賜物と推察される。
君津でもこういうことが
当たり前の環境になったものと、
もはや考えなければいけない。

「 こっち(沖縄)では50mの風は
 普通だよ、なんでそっちは30mで
 大騒ぎなの?」

 地元の農家の方の言葉である。

(とても重い by 農園主)

この記事のURL | ハウス再建(応援メッセージ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
3通のラブレター
2020/01/08(Wed)
 美瑛ちゃんが、台風のすぐ後に
アランとポール大丈夫かなぁ?と
手紙を書いていたそうだ。
お母さまは「押し付けがましいかしら?」と
色々考えてしまって、
送るのを躊躇していたと。

【写真】美瑛ちゃんが書いたアラン宛てのお手紙

「あらん またあそぼうね
かわいいね
またいくからね」

【写真】美瑛ちゃんが書いたポール宛てのお手紙

「ぽーる かわいいね
またいくからね
だいすきだよ」

【写真】美瑛ちゃんが書いたポレポレ農園宛てのお手紙

「ぽれぽれのうえんさん
はやくげんきになってね
おいしいからもういっかい
いちごつくってね」

(うれしいよ ぽれぽれのうえんより)

この記事のURL | ハウス再建(応援メッセージ) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |