FC2ブログ
ラガーマンたちの仕事の成果
2019/10/14(Mon)
 ラグビーって面白い。
そういう“インパクト”をもらった。
日本代表がスコットランド代表に勝利。

 ちょっと、マニアックに勝因分析をすると、
戦略として、キックを使わなかったこと。
陣地を取るという名目のキックは、
攻撃権を放棄することになる。
つなぎのプレイを徹底的に継続したことで、
観る我々をも魅了してくれた。
両ウィング(福岡選手、松島選手)の走りと
ハンドリング以上に、2人のディフェンス。
ラフプレーにも切れない
リーチ選手のキャプテンシー。
ラスト2分の田村選手の
タイムマネージメント。
そして、
流れるようなゲームを作ったレフェリー。

 すでに食事の度に録画を観返している。
さて、これから何度観ることになるだろうか。

(”本気”の勇気をありがとう by 農園主)


この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
頑張ろう、みんな
2019/10/13(Sun)
 19号により各地で大変な被害である。
心中お察しする。
君津では停電があったが、
昼までには復旧。
屋根に張ったブルーシートが
風で剥がされている家は多く、
その張り直し作業はまた大変だ。
当園は、前回ほどの強風でなかったので、
唯一生き残っていた倉庫ハウスは無事。
アランとポールは自宅避難をしたので、
大丈夫、ご安心を。
もうあんな思いはしたくない。

 さて、ラグビー日本代表と
宿敵スコットランドとの対戦が
行われることになった。
賛否あろうが、救助隊の仕事が
彼らにしかできないように、
人それぞれに役割というものがあって、
持ち場に応じて支え合っていくことが
社会機能というものかと思う。
我々が農園を再建しようと
もがいているのも、
その輪の小さな部分である。

 桜の軍団が決死の覚悟で躍動する姿は、
感動を国民に与えてくれる。
どんなに不格好でもいいから、
今回は“勝て”。
4年前からの目標を達成する姿が見たい。

(夢をいっしょに by 農園主)

この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
静岡県訪問記 その2
2019/10/04(Fri)
 静岡県にまた来ている。
でも、今回はちょっと趣旨が違う。
ラグビーW杯の南アフリカ対イタリアを
観戦しに来ている。
会場に向かう途中で、初めて立ち寄った
鰻屋さんのご主人と話をしていたら、

「ラグビー、いいですよね。
日本代表がアイルランドを破った試合を
テレビで見て感動して、
にわかファンになりました。
スコットランド対ロシア戦は
まだチケットがあると聞いて、
試合を観に行こうと思っています。」

 大会のモメンタム(勢い)というか、
流れというものが出てきていることを実感。

【写真】南アフリ対イタリアのラグビーワールドカップの試合の様子

 試合の方はというと、
前半はイタリアが善戦し、
観衆も弱いもの贔屓だから
「イタリア!イタリア!」 の
大合唱だったのだが、
信じられない危険なプレーから
試合の流れは一変し、
味方だった聴衆も離れた。
流れが止まった瞬間であった。

 モメンタムは、自分で生み出せるものであり、
同時に止めてしまうのも自分なのだろうな、
とそんなことを考えながら、
グラウンドを後にした。

(本物を見た気がする by 農園主)

この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
歓喜の勝利
2019/09/29(Sun)
 ラグビー日本代表の田村選手が試合後の
勝利インタビューで、ジェイミー監督が
試合前に選手に伝えた言葉を教えてくれた。

「 誰も勝つとは思ってないし、
 誰も接戦になると思ってないし、
 誰も僕らがどんな犠牲にしてきたか
 わからないし。
 “信じてるのは僕らだけ”っていう
 メッセージあって、
 まあその通りになりました。」

 あのアイルランドに勝てるとは、
正直思っていなかった。
奇跡は何度も起きるものではなく、
それは実力でしかありえないのだから。

 夢を持てば目標が生まれ、
それが全ての行動の原動力になる。

(まず自分が信じることから by 農園主)

この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いざ、キックオフ
2019/09/20(Fri)
 いよいよ始まる。 ラグビーW杯。
桜の日本代表は、
ロシアとの対戦である。
必ず勝たなければいけない初戦。
しかし、前大会こそ、
奇跡?の3勝をしたのだが、
それまでのW杯はおおよそ
全敗続きであったので、
嬉しい隔世の感である。
原動力は、外国出身の選手が
底上げをしてきたことと、
世界最高峰の
スーパーラグビーリーグで
揉まれてきたこと。
それまでの大学ラグビー出身の
人気選手が選ばれる代表チームから
遥かに超越した異次元に
身を置いたことで
ここまでの飛躍ができた。

 同じ考えで同じところを
ぐるぐる回っていても、詮無い。
どこかで、ジャンプして異次元に飛び込む。
そういう夢と勇気を共有させてほしい。

【写真】解体作業が行われているベアハウスの様子

(まずは強烈なタックルで by 農園主)

この記事のURL | ラグビー談義 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>