FC2ブログ
アランとポール(満腹編)
2021/02/14(Sun)
 季節は着実に進んでいて、
農園内にはクローバーが青々としてきた。
昼過ぎにアランとポールを散歩に出すと、
まっしぐらにそこへ向かって走り出す。

 15時のいちごの宅配の発送を終えて
迎えに行くと、
アランもポールもこの通りのお腹。

【写真】クローバーを食べてお腹が膨らんだアラン

【写真】草を食べている途中にこちらを振り向くポール

満足そうな2頭をつれて
アラン・フィールド内の小屋に戻る。
暖かい陽気のせいか、
小屋の外にアランが座ってくつろぐと、
ポールはいつも通りに、そばに座って
アランの背中にアゴをのせて甘える。
アランは鬱陶しがって角で追い払う。
それでもポールは、よけながら、
再び、ぴったりとくっつく。

(2頭の日常である by 農園主)



この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
あおぞらの白いひげ
2020/11/16(Mon)
【写真】寝転んだ体制で見上げたポールの姿

 あまりにも季節外れの
ぽかぽか陽気だったので、
「アランとポールと昼寝しよっと」
イチゴの手入れが一段落したこともあって、
昼休みにアランフィールドの中に
シートを敷いて彼らのそばで横になった。
こういうことは、めったにないので、
「どうしたの、どうしたの?」
ポールは、嬉しそうに頭上から覗き込む。
散々、体の周りをぐるぐる回り、
でも踏まないようにするところが、可愛い。
そして、最後に座る場所は、アランの隣。

(指定席 by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(小春日和編)
2020/11/14(Sat)
 晩秋の温かな日になった。
うたたね日和とも言う。
「ポレポレ」(スワヒリ語で「のんびりゆっくり」)
と言いながら、毎日、とっても忙しくしているが、
彼らは、ちゃーんと満喫している。

【写真】爆睡中のアランのおしりに顔をのせてくつろぐポール

 アランがぐっすりと昼寝をしている隙に
ポールはアランのお腹を枕にして嬉しそう。
そして、すぐにうたた寝。

(和む by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(自己主張編)
2020/11/05(Thu)
 午後3時を過ぎると、
アランが我々を見かける度に
「メェ~」と野太く呼ぶ。
「そろそろ外に出る時間ですけど~」
という呼びかけだ。
ポールも多分、隣で「ェェ~」と
言っているはずなのだが、
いかんせん声が小さい。
そういう性格である。

2頭の小屋があるアランフィールドは
それなりに広いと思うのだが、
それでもやっぱり自分のテリトリーの
外に出かけたいようだ。
我々人間も同じ。
その気分はわかるので、
できるだけそうしてあげるのだが、
それでも3時ごろが忙しい時もあって、
「早めに外に出ようか」と
アランを誘うこともあるが、
そういう時は、
頑として、行・か・な・い。
そういう気分ではないと。
ポールは、それを見ながら
本当は出かけたいのに、
「アランおじさんに一任します」
という顔をして、
大人しく見守っている。

 それぞれに意思表示があり、
それをわかってあげたいと思いながら、
日々、彼らと暮らしている。

【写真】夕暮れ時に土手の草を食べるアランとポール

(夕焼けよりも晩御飯でしょ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(秋風編)
2020/10/12(Mon)
【写真】上り台の坂で顔を見合わせるアランとポール

 雨続きから解放されて、
朝から登り台の上で、
のんびりと並んで座っている。
濡れるのが嫌いなので、雨の間は、
小屋の中でじっとしているしかない。
小雨程度なら、トイレも小屋の外に
出て済ますのだが、雨粒が大きいと
そうもいかない。
そういうストレスもなくなって、
今日は機嫌が良い。
汚れた毛をブラッシングをしたのも
嬉しかったのかも知れない。

(結構、綺麗好き by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>