fc2ブログ
アランとポール(大事な時間編)
2024/04/07(Sun)
 雨の日が多く、
草が濡れているので、
2頭は食が進まない。
水分が多いと下痢することを
よく知っているからだ。
それでも、本当に空腹になれば、
雨の中でも食べ始めてしまう。
そうならないように、
ある程度の乾いた草や
豆ガラなどのストックは
準備している。

 今朝も小雨がぱらついたが、
午後には晴れて、無事に
散歩しながらの食事ができた。
草が増えて青くなっている。

【写真】アランフィールドの外で草を食むアランとポール

 一方で、アランとポールの
毛の生え変わりが遅い。
特に剛毛のアランは、
今頃にはごっそり抜けるのだが、
そうでもないのは、朝晩の気温が
まだ低い日が多いからであろうか。

 今日は夕方になって
少し時間ができたので、
ずっと気になっていた2頭の
ブラッシングをしようと思い、
張り切ってブラシを持って
出かけた。
忙しくて構っていないので、
アランもポールも、
少々不機嫌と言うか、
すねていることは知っている。

「ほら、やろうよ、ブラッシング」
そう誘ったのだが、
食事中だったこともあってか、
「悪いけど、今はいいから」と
言わんばかりに体の向きを
くるっと変えらてしまった。
アランもポールも。。。

(そう言うなよ by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(おうちへ帰ろう編)
2024/03/07(Thu)
 散歩に出かけるのが大好きなのと
同じくらい、自分の家(小屋)に
帰ることも大好きである。

【写真】アランフィールドに帰宅途中のアランとポール

 1時間ほどの散歩の後は、
2頭で競い合うようにダッシュ。
今日は、アランを先に帰したが、
後から走ってきたポールに
入り口付近で抜き去られた。
脚が完全ではないとは言え、
若さである。

 我が家が好きなところは、
ヤギもヒトもネコも皆、
同じだなと思う。
そう言えば、アランとポールの
冬毛はそのままで、
まだ、抜け変わる気配がない。

(明日も寒いようだ by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(爪切り編)
2024/03/05(Tue)
 月一回、爪切りを
定期的にしている。
正確には
「蹄(ひづめ)」切りかな。
これをしておかないと、
肉球というか、足の裏を
爪が包むように丸まって伸び、
仕舞いには歩行に悪影響が出る。
でも、そもそも怖がりな動物だから、
すんなり切らせてはくれない。

【写真】餌を食べている隙を狙って爪を切る農園主とその様子をもみつめる子ネコのキンちゃん

 色んな方法をこれまで試みてきた。
最初は力づくで抑えてみたが、
かなうわけがない。
詳しい方にお聞きして、
横倒しにして切ってみたが、
嫌そうな眼がかわいそうだった。
今は、餌を食べさせながら
切っている。食いしん坊なので、
気を取られている隙に
一気に切る方法。
これは結構、上手くいく。
最近は、その様子を
キンちゃんが興味津々で見つめる。

 ちなみに、キンちゃんの爪切りは、
全く嫌がることがない。
私のお腹の上にお腹を出して座り、
嫁さんにパチパチと
大人しく切ってもらっている。

(爪とぎもしようか? by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(春の味覚編)
2024/02/28(Wed)
【写真】クラブハウス前の草を頬張るアランとポール

 クラブハウスの正面口に
ノゲシが勢いよく生え、
伸びてきた。
タンポポの背を伸ばしたような草。
草刈り機で刈らなければと
思ったのだが、2頭の好物なので、
午後の散歩の前に、
遠回りをして見せたら、
案の定、凄い食いつき。
茎は太いが、中の空洞が
広いので、見た目よりも
柔らかそうだ。(多分)
それを2頭でムシャムシャ、
パリパリと競って頬張る。
でも、根こそぎはいかない。
ちゃんと次の葉を期待して、
根元は残すところがさすが。

(本物の食いしん坊 by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(青い注射器編)
2024/01/27(Sat)
【写真】薬剤塗布前のアランとポールの様子

 我々の不穏な動き?を察知してか、
いつもならすぐに近寄ってくる
2頭が微妙な距離を置いている。
ポールは「なんか持ってるでしょ」
という顔をしている。

 月に1度の薬を塗る日。
昨年、ポールが2度目の
「腰麻痺(ようまひ)」を患い、
とても心配した。
その予防薬である。
首の裏に7㏄ほど塗付するだけだが、
それでも冷たく感じるので、
毎回いやがる。

 蚊を媒介した寄生虫が
原因の病気で、本来は、
蚊が出始めるころからの予防薬。
しかし、年々暑くなるのが早まり、
蚊の出現は油断ならない。
そこで、念には念を入れて、
寒い時期も含めて、
通年で予防することにした。
あの時は本当に、
可哀そうだったから。

 でも、ポールは青い液体の入った
注射器(針はついていない)には、
とても敏感で、なぜか、
隠しているのに、ほぼ毎回ばれる。
どうしてだろ。

(動作がぎこちない? by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>