FC2ブログ
アランとポール ( ポールのお腹 編 )
2020/06/29(Mon)
 梅雨のころは、翌日の天気を見越し、
雨降りの場合は餌かごに草を用意しておく。
嫁さんが、農園内の草を
アランとポールの好みに合わせて、
摘んでいる。
ポールは柔らかいのが好きだが、
アランは食べ応えのあるのが好きだ。

【写真】餌カゴに入っている草を食べるポール

【写真】アランの方を振り返り様子をうかがうポール

 それぞれの餌カゴは、
距離を置くようにしているが、
相変わらずアランは、食いしん坊で、
ポールの餌カゴも欲しいので、
しばらくすると走ってのぞきに来る。
ポールはそれを察知して、
アランのカゴに走って行き、
入れ替わるのである。
それを毎度、何度か繰り返すが、
最近は、ポールの方が早く食べ終わって
いることもある。

(お腹の丸みはそろそろ同じ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(花畑編)
2020/06/08(Mon)
【写真】青い空と白い雲とシロツメクサ畑とアランとポール

 完成したハウスをどう感じているのやら。
アラン・フィールドと道路との間に
ベアハウス(3連棟)が出来たので、
外からの視界は遮断され、
落ち着いているようにも見えるが、
でもご近所の仲良しの方々からの
「アラーン、ポール」という
道路からの“声がけ”が聞こえないのは、
寂しいかもしれない。
通学が始まった小学生たちからのも。

 今日は農園内の草刈り。
彼らの好きなポイントは、食べやすいように
シロツメクサを列で残してみた。

(エンジョイ by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(朝のルーティン編)
2020/05/17(Sun)
 朝起きると2頭ともに
同じ行動をすることが多い。
まず、小屋から出てきてから、
前脚を前に伸ばして、
背筋をグーッと、しばらくほぐす。
朝の体操である。
そして、小屋の前に並んで、
3分間ほどの長~いおしっこ。
「えっ?まだ?」 と見慣れていても
ついそう言ってしまうくらい長い。

【写真】朝の恒例トイレタイム中のアランとポール

 その後の行動は、まちまち。
草をつまみ始めたり、
登り台の上での日向ぼっこだったり、
小屋に戻ってのまさかの二度寝だったり。
でも、我々が小屋の掃除を始めると、
そばに来て顔をこすり付けてくる。
いつもの朝の挨拶である。

(2頭のサイズが拮抗してきた by 農園主)


この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール(自由時間編)
2020/05/06(Wed)
 GWが終わり、
会社勤めの人たちも仕事が始まる。
テレワークを続ける人も多いかと。
「独りだとついサボりがちで。。。」
そういうボヤキはよく聞く。
一方で、WEB会議の予定だけでなく、
メールは四六時中舞い込んでくるので、
時間に際限がない、という声も。

「 どちらにしても、
 休む時はしっかり休もうよ。」

【写真】アランの背中に顔をのせて爆睡中のポール

 この2頭なら、そう言いそうだ。
オン(草を食べる時)の集中力と
オフのゆるさ。
スイッチの切り替えは、
ホントすごいものがある。

(自分が支配する時間 by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アランとポール( 静かだね 編 )
2020/04/30(Thu)
 毎年、GWに来園することを
恒例にしてくださっているご家族が
たくさんおられ、にぎやかに再会するのが、
いつも楽しみであった。
しかし、今年は、台風、コロナ、
環境の激変で不思議な連休である。
当園だけでなく、みんな同じ気持ちだと思う。

 静かに時間が流れる農園に、
アランとポールも違和感を
感じているようだが、
でも我々に余裕があって、
いつも相手をしてもらえることを
喜んでいるようでもある。
いっしょに毎日、農園内を散歩したり、
ブラッシングをしたり、と。

【写真】シロツメクサやクローバーを食べながらお散歩するアランとポール

 でも、ちょっとしつこい位に
かわいがり過ぎると、
「もういい、充分です」という顔で、
うるさがって離れていく。

(それをまた追いかける by 農園主)

この記事のURL | アランとポール | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>