FC2ブログ
大福の中身へ
2021/03/05(Fri)
 直売所(味楽囲さだもと店)では、
どの品目の生産・出荷者も店内に入って
陳列する時には、赤いキャップを
かぶるルールになっている.
何度かいちごを選ぶ赤い帽子の男性を
お見かけしていたので、会釈をする関係
であった。,

「 あのー、突然すいません。
 和菓子を作っている “花月堂” といいます。
 ポレポレさんの“おいCベリー”が
 いちご大福にとても合うので、
 定期的に買わせてもらえませんか?」

 小粒サイズが固さも含めて、
気に入られたそうである。
銀座でパティシエの修行をした後、
富津市の家業を継いで
夫婦でやっておられ、
とても熱意のある真摯な方である。

【写真】JA直売所“味楽囲”の店頭に並んだ花月堂さんのいちご大福

 その 「いちご大福」 が、
味楽囲さだもと店でも販売中。
しっとり餡子ともちもちの皮に包まれて
中から現れる“おいCベリー”。

 いい仕事しているよ。

(自己主張しすぎ? by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新人
2021/02/09(Tue)
 今年からいちご農園を
スタートさせた若い仲間がいる。
ご夫婦2人が採れたばかりの
いちごを持って来てくれた。
ハウスや高設ベッドの工事など、
設備の準備に時間がかかり、
ようやくの収穫開始になるが、
当園の再建工事と時期が重なり、
ともに苦労してきたので、
無事に立派な果実が採れたことに
とても安堵する。

 自分たちの開園は9年前。
右も左もわからないままに、
師匠に頼りながら、
毎日、夜明けから日暮れまで、
無我夢中の毎日だったと思う。
彼らもきっとこれからであろう。
本当の楽しさを知るのは。

(いつまでお互い初心で by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
チャレンジ精神の源
2021/02/07(Sun)
 “山猫” さんが新しい商品に挑戦している。
かき氷、ソフトクリーム、ジャム、シロップは、
どれも素材を活かした人気の逸品であるが、
今年は、「ジェラート」と「いちごバター」の
試作をされている。
ジェラートはイタリアに留学し、
様々な店での実食を重ねてきたそうだ。
もちろん製造機にもこだわる。
そして、理想の風味を実現するために、
ポレポレいちごを買い求めに
来られたというのだから、嬉しい。

【写真】真っ赤な小粒の紅ほっぺ


「果実の美味しさを長くいつまでも
楽しむための商品をつくることが目的で、
バターもジェラートも同じ。
最初から加工品ありきでは、
お客さまが感動するものは
決してできないと思う」

 楽をした仕事は簡単に見抜かれる。
厳しいけれど事実だと思う。

(理想ありき by 農園主)


この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
何時から朝採り?
2020/11/28(Sat)
 千葉県柏市の「そのべ農園」を訪問。
君津イチゴ部会での視察研修会で
仲間とともにお邪魔させていただいた。

 20年の積み重ねで、店先の直売には、
毎日、いちごを買い求める人で
大行列ができる農園である。
最近は、さらにいちご狩り(今年は休園)や
ソフトクリームの加工品にも挑戦し、
相乗効果を狙っておられると。
戦略的な生産者である。

 経営から栽培までたくさんのことを
お話いただいた中で、印象的なのは、
朝2時から息子さんとヘッドライトを
装着して収穫をしているという話。
「できるだけ早く目途をつけて
おきたいからです」
仕事って、全てはそこに
集約されるものと思う。
段取り、とも言い換えられるであろうか。

 しかし、帰り道の車中で知ったのだが、
君津の仲間には、
「0時から始める時もあるよ」
そういう農園もある。さすが。
ヘッドライトは当たり前、必需品である。

(しかも高価なやつ by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
びわハウスの歴史
2020/08/25(Tue)
 久し振りに遠出をしたような気がする。
そうは言っても、ハウスの視察のためである。
南房総市で枇杷(びわ)をつくる方が、
我々の目指すフルオープンを実践されている、
との情報を県の農業事務所の方からいただき、
早速、お話しを伺いにでかけた。

 枇杷の樹をハウス内で守っているので、
高さのある頑丈な鉄骨ハウスである。
台風の時は、天井のビニールは巻き上げて
風圧を避けるが、サイドや妻面は
樹を守るために、閉め切ってきたそうだ。
50年間それでやり過ごしてきたと。
しかし、昨年の房総台風では、
大きな被害を受けてしまい、
今後の対策に悩んでおられる。
「樹を守るのか、ハウスを守るのか」
全てのビニールを巻き上げるべきかどうか。

 当園も同じような悩みがあり、
共感できることがたくさんあって、
心強かった。
そして、実際に屋根を巻き上げる作業を
毎年、ご両親と3人で屋根の上に登って、
作業をしているという具体的な話は、
嫁さんに勇気を与えてくれたようだ。

【写真】千葉県富浦のびわ農家・石井さんちのジャム4種


(いただいたジャムが旨いこと by 農園主)

この記事のURL | 仲間たち | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>