FC2ブログ
新しいスタイル
2021/03/01(Mon)
 今シーズンは、いちご狩りを自粛し、
直売所への出荷と宅配の発送に
日々、全力投球している。
新しい営業形態を始めてから
あっと言う間に2ヶ月が経った。

「大変でしょう?」
皆さまからご心配いただく。
夜中から収穫作業をして、
そのまま午前中は出荷を何度か繰り返す。
その意味では、直売所(味楽囲さだもと店)が
目と鼻の先で良かったと思う。
休む間もなく、午後は宅配の発送準備。
15時過ぎると、アランとポールが
切なそうに「お腹空いた」と呼ぶ。
餌をあげてから、
後片付け、翌日の準備をしていると
もう外は暗くなる。

 一方で、いちご狩りの仕事は、
収穫作業や出荷準備はないので、
楽なのではないかと思われがちだが、
迎えるための準備があり、
開園中は事故や怪我のないように
目配りをする。決して楽ではない。

 どっちが仕事として大変なのか?
嫁さんといつも話しているが、
正直、結論はまだよくわからない

 ただ、間違いないのは、
今回新しい試みをやってみて
本当に良かったと思うこと。
栽培から販売まで
新しい気付きがたくさんあり、
そして、お客さまとの新しい関係が
生まれてきている。
だから、嫁さんともう少し
踏ん張ってみようと思っている。

(ちょっと、眠いけど by 農園主)

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
売れ残ってなんぼ
2021/01/18(Mon)
 いちごの収量が増えてきて、
毎日、精一杯の出荷をしている。

 「完売」、という言葉は
何やら人気店のようで、
気持ちのいい響きを感じやすい。
しかし、これは勘違いだと思う。
なぜなら、完売の後に買いに
来られた人がいたかも知れず、
にもかかわらず、「完売」という
言い方で販売をお断りしたことと
同意だからである。

 生産者や販売者は、そういう意味で、
常に余剰というか、在庫リスクを
取らなければならないのだと思う。
また、そうしなければ、
潜在的な需要を知ることもないので、
売れ残りは積極的に歓迎すべきものかと。

(やせ我慢でも by 農園主)

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
♪テヲトリアッテ、コノママイコウ♪
2020/12/19(Sat)
 “クラブメンバー”の申し込み期限が
迫ってきた。今月末である。
先日、「ポレポレクラブ」 を創設した。
ポレポレ愛のある方々のチカラをお借りして、
台風、コロナの難局を乗り越えたいという
思いからである。
メンバー限定のイベントや
いちご狩りのご予約特典などを企画している。
将来は、メンバーの方々が横断的に
つながりを自然に育んでいけるような、
温かいものにしていきたいと
ひそかに願っている。

 「思いやり」や「つながり」を
大事にしたい。
ひとはとても優しいことを知ったので。

(是非、ご登録を by 農園主)


※ ポレポレクラブ・メンバーのご登録は、コチラ から

この記事のURL | 農園運営について | CM(1) | TB(0) | ▲ top
ポレポレクラブ・メンバーの募集開始
2020/10/03(Sat)
 “ポレポレクラブ”を創設しました。

 昨年の台風被害の後、皆さまの応援があって、
ここまで再建できました。
ブルハウス、ベアハウスには
イチゴ苗が植わり、ワクワクしています。
これもポレポレ農園を愛してくださっている
皆さまの温かい支援があってこそ、
心より感謝申し上げます。

 そこで、再建の今年は、
“ご恩返し”のシーズンにしたいと
願っており、具体化するために、
“ポレポレクラブ”を
創設することにしました。
お手数ながら、メンバー登録いただくことで、
「ご恩返し情報」をお届けしたい
と考えています。

 例えば、メンバー限定の商品や
イベントの企画ですとか、
メンバー限定のいちご狩りの
開催ですとか。
またメンバー特典として、コロナ収束後には
いちご狩りの先行予約を承る予定です。

 メンバー登録いただける方の条件は、
以下の質問のいずれかひとつ以上が
「YES」の方です。
・当園でいちご狩りを楽しまれたことはありますか?
・宅配や店頭でいちごをご購入されたことがありますか?
・ポレマフをお持ちですか?

 募集期間は12月31日までです。
ポレポレ愛の強いあなたに
是非メンバーになっていただきたく、
ご登録をお願い申し上げます。

(お待ちしています by 農園一同)

※ ポレポレクラブ・メンバーのご登録は、コチラ から

この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明暗
2020/06/10(Wed)
 株価はV字で回復を続け、
コロナの先は明るいものと
示唆している。
経済再開は大きなテーマ、
代表的なテーマパークのUSJも
営業を再開した。
コロナ対策にどのような手を打つのか、
注目していたら、
「ジェットコースターでは、絶叫を控えて」
との注意事項があるとか。。。?
もはやジェットコースターではないと
誰しもがそう思う。

「再開しなくては経済的に立ち行かない」
「お客様もそれを望んでいる」

 営業再開の理屈として、
決して間違っていない。
しかし、大事なお客様を招いた後で、
万が一のことが起きてしまった場合、
その場を提供した側は、それを
どのように考えるべきなのか。
その答えを持たずに、今まで通り
というわけにはいかないと思う。
軸足をどこに置いているのか。
経営会議(夕飯)の大きな議題である。

(決して暗くはない by 農園主)


この記事のURL | 農園運営について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>