FC2ブログ
将来はイチゴ屋さん?
2012/09/12(Wed)
 県の確認検査の日。
先週の市の検査に続くもので、これが最終検査になる。
2時間をかける充実した検査内容だった。
そして夕方5時、「問題ありません」とお墨付きをいただけた。

 検査は、君津市役所の会議室で書類確認から始まる。
県からは、課長さんと担当者2名、市からは担当者2名が出席。
主検査官の課長さんが、書類の日付から細かく確認を始める。
そして、入札の手続き過程(業者の選定理由、入札金額)や
工事請負契約書などをしっかり見ていく。

 高設栽培システムのメーカー選定理由は、ひときわ質問が多かった。
「製造メーカーは何社あるのですか?」「なぜ、このシステム?」
「どこが優れている?」。。。

 1時間後、農園での実地検査に移る。
ハウスの検査を一通り終えると、再度、高設設備に質問が続く。
「給水はどういう仕組みですか?」「液肥の混合は?」
「培土の中身は?」。。。

( 定年後は、いちご屋志望とみた by 農園主 )







この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
育苗ハウス2号
2012/09/10(Mon)
 2号の稼動は、来シーズンからになる。
準備として、ハウス内に溝を2本掘った。
1号では、朝の水遣り後に水が溜まる箇所があるので、その教訓からだ。

 わずか、幅0.5m、長さ30mの溝をスコップで掘るだけなのに、
この残暑で作業が進まない。
外での作業には慣れてきたと自負していたのに、キツイ。
遮光ネットのある快適な1号と大違いで、午前10時までが限界だった。
大汗をかき、息があがり撤収。夕方の仕事に急遽、変更。
真夏の2ヶ月以上の間、ハウス工事を終日してくれたタイ人たちは、
つくづくタフだと実感した。

[写真]育苗ハウス2号(溝を掘ったところ)
[溝を掘ったところ]

[写真]育苗ハウス2号(防草シートを張ったところ)
[防草シートを張ったところ]

 時間はかかったが、甲斐あっていい仕上がり。
これなら涼しくなったら、寝泊りしてもいいかも。

( 結構、本気だ by 農園主 )



この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホームゲーム
2012/09/06(Thu)
 ポレポレ農園の建設事業(補助金交付事業)が竣工し、
君津市役所による確認検査が行われた。
検査には、農協と工事関係3社が顔を揃える。
ハウス、高設栽培設備、暖房機等の仕様説明をする都度、
市の担当者は、寸法や型番などが申請通りのものか確認し、
時折、質問を交えながら写真を撮っていく。厳粛だ。

 しかし、こちら側のあげ足を取るようないじわるな姿勢はない。
これまで1年間、苦労していっしょに事業の申請・承認手続きを進めてきたので、
信頼関係は十分にある。
だから、検査の雰囲気は決してアウェーではなく、あくまでもホームなのであった。

 最後に担当者が言った。
「来週の県の検査でも、仕様内容を本日のようにわかりやすくご説明ください。
我々も参加しますし、問題はないかと思います。」

( 若き精鋭たちがサポーター by 農園主 )


この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ケツカッチン
2012/09/05(Wed)
 「カチンコ」は、映画の撮影シーンの冒頭で、鳴らす。
どのシーンの何カット目なのかが書いてあり、編集のための目印である。
逆に、成り行きでカメラを回し始め、最後にカットを入れることもあり、
これは、「ケツカッチン」というそうだ。
それが転じて、後ろにスケジュールが控え、
撮影の撤収時間が決まっていることを言ったりする。

[写真]本舗ハウスに暖房機を設置しているところ

 本日、暖房機の設置と試運転が午後4時に終了し、第一次工事は無事竣工となった。
実は、明日には市の確認検査(補助金の申請通りに工事が完成したかをチェック)
が入るので、ぎりぎりセーフである。
まさに「ケツカッチン」なのであった。

 「夏休みの宿題は計画的にしなさい」などと偉そうに言える大人は、
そうそういないことはよく知っている。
だからこそ、検査のスケジュールを先に入れたのである。

( 作戦成功 by 農園主 )


この記事のURL | 農園ができるまで | CM(3) | TB(0) | ▲ top
カモ?
2012/09/04(Tue)
 工事は大詰めだ。いよいよ、明日が第1次工期の最終日になる。
(第2次は受付・休憩用ハウスの建設、第3次は駐車場の整備に入る。)
1次工事は補助金をいただけるので、農協に県指定の「決済用普通預金口座」を
受け口として3ヶ月前に作った。
その口座に自己資金分を、そろそろ入金しておかなければいけない。

 なけなしの貯金を方々から、かき集めている。
君津のゆうちょ銀行へも残高の送金をしに出かけた。
先の自分名義の農協口座へ振込みをお願いする。
窓口は年配の女性だった。

 暗証番号を入力して、しばらく待っていると、
「お客様、申し訳ありません。手違いで番号を消してしまいまして、再入力ください。」
(仕方ないな。)

 再び、待っていると、
「お客様、金額が大きいので、再入力を。。。」
(そんなに、大金でもないけど。)

「お客様、つかぬことですが、オレオレ詐欺とか。。。ではないです。。よね?」
(そんなにカモっぽいかな?それに送金先は、自分名義の口座だけどっ。)

( わずかな資金移動も大仕事である by 農園主 )




この記事のURL | 農園ができるまで | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>