FC2ブログ
夜中の光景
2021/03/21(Sun)
【写真】暗闇の中、ヘッドライトに照らされた超大粒のおいCベリー

 今のいちごの様子をお見せしたいと
思うのだが、夜が明けて明るくなる頃には、
旬なものは、全て収穫してしまっている。
そういうわけで、収穫前の様子がこれである。
“おいCベリー”のシーズン3回目の大粒。
毎日、こういういちごを見定めて
ひとつひとつ収穫している。

 昨日は、好天に恵まれて、直売所では、
早々に完売してしまったのだが、
「今日は雨で人出が少ないはず」と
2日連続で買いに来ていただいた女性は、
買い物かごにたくさん入れてくださった。
「凍りの“おいCベリー”にもハマっていて」
嬉しそうに冷凍コーナーに急ぎ足で、
向かって行かれた。

 この時期は、酸味が向上すると同時に、
糖度も向上していく。
いちご達がもっとも得意な季節である。

(本来の味覚 by 農園主)


この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
壮観なこと
2021/03/17(Wed)
【写真】梱包前の宅配用いちごケースが作業テーブル上に並んでいる様子

 宅配のご注文を皆さまからいただき、
本当に感謝している。
「いちご狩りの開園がないなら注文しよう」、
「コロナで営業が大変だろうから」、
「気に入ったから“おかわり”しよう」、
きっかけは、様々だと思う。
でも、毎日こうしてせっせと
そのご期待に応えられるように
仕事をしている。

 ポレポレ苺は、春の陽射しを浴びて、
増々、調子がいいので、
是非、春の味をご堪能いただきたく、
再度「おかわり」のご注文をお待ちしている。

(もちろん、初めての方も by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
体力充分
2021/03/11(Thu)
【写真】紅ほっぺの三番果の様子

 “紅ほっぺ”が春の陽射しを浴びて、
溌剌としてきた。
早朝は、葉先から蒸散する葉水が
玉のように溢れている。
冬の疲れから回復した根と葉が、
充分な養分を組成し、体内そして、
果実に転流させている。

 イチゴ本来の季節。
日に日に甘味と酸味が相互に向上し、
食味はとても充実してきている。

(是非、お試しを by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
余韻
2021/02/26(Fri)
【写真】かなみひめの2番果の頂果

 “かなみひめ”の2番果が始まっている。
果肉が柔らかい繊細な食感で、
優しい甘味と酸味。
決して、ガツンとくるわけではない。
しかし、特長的なのは、
後味が不思議なくらい濃厚なところ。
食べ終わった後の余韻が魅力。
「風味がいい」とはこういうこと
を言うのかなと思う。

 ただ、今の頂果が少々大き過ぎて
難儀している。。。
普通のパックには入らず、
宅配用のケースにも収まり切らない。
丸パックにて、少量のみ毎朝販売中。

(早いもの勝ち? by 農園主)


この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
エースに育て
2021/02/17(Wed)
【写真】真っ赤に色づいた“やよいひめ”の頂果(2番果)

 “やよいひめ”の2番果が
そろそろ始まる。
苦手な真冬を無事に乗り切り、
「やよいひめ、先っぽに
練乳入ってますよね」
そういう感想をいただけるようになった。

 寒さのピークを越えたこの2月、
“やよいひめ”は、どこまで調子を
上げてくるであろうか、とても楽しみ。
好評ならば、来年は植える面積を
拡大しなければ、と真剣に思っている。

(決めるのは皆さま by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>