fc2ブログ
そろそろ。。。
2022/05/03(Tue)
 5月5日をもって、味楽囲さだもと店での
販売を終了する予定である。

 例年よりは早い店じまいではあるが、
今シーズンは、昨夏の育苗から
四苦八苦したことを思い返せば、
ここまで来れたことに
嫁さんとホッと、安堵している。

 しかし、お客さま方は果たして
ご満足していただけたのか?
いつも不安はたくさんあり、
きっと様々なご不満はあったものと思う。
でも、我々が皆さまへ誠意を持って、
毎日、精一杯の仕事をこなして来たことは
感じていただいていた実感があり、
そういう信頼感というか、
一段進んだ何か絆のようなものが
構築し始めていたなら、大変嬉しい。

 やれることを限界までやっていますか?
言い訳はしていませんか?
日々、自問している。

(それがCSの全てかと by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
GWが始まる
2022/04/28(Thu)
 苺人気が高まるシーズン最後の時期である。
しかしながら、今年のイチゴは、
収量の山を越えたので、
果実は減っていて、ご予約の受付も
終了させてもらった。(申し訳ない)

 “ラッキー☆ボックス”の販売数もわずかで、
がっがりさせてしまっている。
まさに出会えれば“ラッキー”かも。

【写真】待ち切れずにラッキー☆ボックスのフィルムのすきまに手を差し込む男の子

 ひろこさんから先日、写真が届いた。
「孫、テーブルに置いたら待ちきれなく
フィルムの隙間に手を差し込んでました」

 忍ばせたかわいらしい手から、
ドキドキ感とワクワク感が伝わってくる。

(嬉しいね by 農園主) 

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「苺、いつまで?」
2022/04/19(Tue)
 最近、皆さまによく聞かれる
ご質問である。
目標は、GWを越えて5月中旬までと
思っているが、あくまでも苺の果実の
品質次第、である。
ちなみに昨シーズンは、張り切って
初めて5月末日まで販売をしたのだが、
後片付けが遅れたことで、
次シーズンの育苗の仕事が後手に
なってしまった面があった。
それでは本末転倒なので、
今シーズンは苺の様子とは別に、
スケジュールを区切りたいとも思っている。

 ラストスパートを前に、
親しい方々からの励ましの
差し入れをいただき、
楽しい夕食となった。
“ペルポンテ”の今野シェフ推しの
鴨川の焼き鳥とモツ煮、
かつこさんのタケノコ、
かつみさんのうずらの卵、
そして、メグからはイタリアンワイン。

【写真】皆さまからの差し入れが並んだ夕食の様子

(走り切るよ~ by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寒い~
2022/04/02(Sat)
 今朝の夜明けの外気は1℃まで下がった。
手がかじかむが、
イチゴにとっては、とてもいい。
果肉がきゅっと引き締まり、
熟すまでの時間帯が延びることで、
味覚も充実していく。

 その後、日中は、外気を取り込みながら、
イチゴたちが望むであろう温度帯に
微調整している(つもり)。
樹としての生育には、
ある程度の高温が適しているが、
春の苺にとっては、“寒い” もいい。

【写真】紅ほっぺの様子


(ご賞味くだされ by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春のいちご
2022/03/17(Thu)
【写真】紅ほっぺの3番果の大粒

 紅ほっぺの3番果の大粒を
詰めている。
いつもの通称“丸パック”
(正確には八角形)である。
2番果の時には、とても評判がよく、
味楽囲さだもと店では、
たくさんの方々から
何度も買っているよ
という声をいただいた。

「大きいねっ」から始まり
「これ、美味しいよ」となり、
「安いわよ」という声になった。

 初出荷だった昨年は、
丸パックを裏から確認したりして、
おそるおそる買っておられる
様子もあったが、今や、
見つけると即、手に取ってくださる。

 春の3番果も負けないくらいに、
甘味と酸味がバランスよく、
仕上がってきていると思う。

 皆さまの食卓に定着することが、
夢である。

(ポレポレ苺だね、と by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>