FC2ブログ
ヘビー級いちご
2021/02/01(Mon)
【写真】ジャンボサイズのいちごを秤ではかっているところ

 えっ? 秤は75gを示す。
手のひらでずっしりと重さを感じる。
“紅ほっぺ”の大抵の大粒は、
50g前後なので、ちょっと驚き。
 
 2番果の頂果は、
大きいサイズになることが多く、
また、風味と食感も独特で、
これを食べてしまったら、
忘れられなくなる。 
禁断の果実だと思う。

(ご注意を by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
おいCベリーの様子
2021/01/24(Sun)
【写真】おいCベリーの小粒いちご

 昨日は“紅ほっぺ”の2番果が
大果であることをお知らせした。

 “おいCベリー”は少しそれよりも
遅れたペースで生育中。
1番果の小粒もこうして残っている。
いちご狩りではいつも大人気のやつだ。
少し過熟気味くらいの方が甘味が際立つ。

(爽やかな香りとともに by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
これこれ~
2021/01/23(Sat)
【写真】収穫ケースに並んだ小粒のいちごと二番果の頂果

“紅ほっぺ”の2番果が始まったので、
大きな頂果が生っていると同時に
1番果の中粒と小粒が赤くなっているので、
様々なサイズが楽しめる。

味?
毎年のように「2番果はいつ?」
と聞いてしまうのは、これを食した記憶のせい。
深みというか、コク、これがいちごの奥深さ。

(雨でも雪でも陳列中 by 農園主)
この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
デカッ
2021/01/17(Sun)
【写真】パック詰め作業中の紅ほっぺの頂果

 手のひらサイズの果実も
普通にパック詰めしている。
「大味なんでしょ?」
よく聞かれるが、
じっくりと時間をかけて熟しているので、
充実した風味になっていると思う。

 果房の真ん中に位置して、
最初に咲いた花は頂果と呼ばれ、
大きな果実になる。
シーズンに何度も採れるものでは
ないので、希少性もある。

 「何これっ~」
そういう驚きと喜びの声を想像しながら、
ひとつひとつパックを仕上げている。

(ウキウキしながらね by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
グー・チョキ・パー
2021/01/16(Sat)
「あの大きくて優しいいちご、
今日はないの?」
―かなみひめ、ですか?
「それそれ、美味しかったから」
―スイマセン。午前中はあったのですが。
 
 直売所(味楽囲さだもと店)の
開店時間には4品種を並べているが、
まだまだ、この品種の収量が少ないので、
週末は早い時間になくなることが多い。

 いちご狩りのお客さまが、
「先っぽに練乳入ってます?」
と言っていたことを懐かしく思い出す。
直売所でもファンが増えると嬉しい。

【写真】グーチョキパーの個性的な形の“かなみひめ”の実

(明日も出荷予定 by 農園主)

この記事のURL | いちごの実の状況 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>