FC2ブログ
分化確認
2018/09/21(Fri)
 “紅ほっぺ”と“おいCベリー”の
花芽分化の検鏡をしてもらった。
農業事務所(普及センター)の方々に
毎年お願いしている。
花芽の分化(細胞分裂)を顕微鏡で
検査するのだが、細かい作業なので、
コツと器用さが要る。

 本日の検査で2品種ともに無事確認。
9月の日中平均気温は高い日が多く、
遅れる可能性もあったが、
苗は順調に仕上がり、ひと安心。
明日から定植を始めることができる。

(いよいよ by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
定植、もう一息
2017/09/26(Tue)
【写真】定植作業直後のかなみひめのハウスの様子

 “かなみひめ”と“やよいひめ”を植え始めた。
これらの根張りも順調で、逞しく育ったので、
今年の育苗は4品種ともに及第点を取れたのではないか
と思う。あくまでも自己採点。
6年目、イチゴのことが分かりかけてきたような。
あくまでも、ぼんやりだが。。。

 もちろん、改善点はある。
特にこの2品種は葉の面積が大きいため、
“紅ほっぺ”などと比べて、日陰によって
土が乾きにくく、過湿になりやすい。
灌水の量や葉かきの方法など工夫が必要である。

(本当の実力は、まだまだ by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“君津のお母さん”たち
2017/09/25(Mon)
 今年も定植の手伝いをお願いした。
5年目になる。
いつもの顔ぶれなので、仕事ぶりには
とても安心感がある。
そうは言っても、皆さんいいお歳ではあるので、
暑くなってきたりすると、無理はさせられない。
本当は、我々よりはよっぽど元気なのだが。

【写真】津のお母さん4人衆が育苗ハウスで定植苗の準備をしている様子

「こうして仲良く仕事させてもらって、幸せだねぇ。
 だけど、いつまでできっかね?」
そう言うので、
― あと20年はできるでしょ。
と答えると、
「そんだけでいいの?」
“お母さんたち” みんなが楽しそうに笑っていた。

( いつまでも達者に違いない by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
朝焼け
2017/09/24(Sun)
 定植の準備を始めていると、
突然、葉が赤く映って見えて驚く。

【写真】農園主が水やり作業をしている後ろから朝陽が昇って来るところ

 夜明けは、育苗ハウスで迎えた。
日没までの時間を目一杯使うために、
早出になったのだが、毎日ではない。
あと数日だけのことである。
ちなみに、本日の日中時間は12時間と5分。

(どんどん短くなっていく by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
定植2017
2017/09/23(Sat)
 “紅ほっぺ” から植え始めた。
育苗ポットから苗を取り出して、
植えていくのだが、
今年は、根の毛量がとにかく凄く、
ポットから離れず、一苦労である。
期待通りに筋肉隆々になっていた。
今後がとても楽しみである。

【写真】本圃ハウスに定植した紅ほっぺの苗

 そして、定植はこうして寝かせるように植える。
クラウン(根元)のお尻の部分から
最初に発根するので、そこが新しい培土に
着地するように植えると必然的に寝たようになる。
しかし、数日すれば、そこからぐいっと、
真上に向かって立ち上がってくるから不思議である。

( 明日も忙しくなる by 農園主 )

この記事のURL | いちごのこと(定植編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<前のページ | メイン | 次のページ>>