fc2ブログ
花盛り
2021/11/21(Sun)
【写真】紅ほっぺの果房の様子

 “紅ほっぺ”の花房である。
太さと勢いがあって、期待に胸が膨らむ。

 イチゴたちは、手をかければ、
それだけ応えてくれることを
今さらながら強く実感している。

 夏の育苗から悪戦苦闘してきたので、
苗と対峙する時間は従来より断然増えた。
少し言葉が聞こえるようになったような
そんな気がしている。

(カタコトだけど by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“紅ほっぺ”の様子
2021/11/11(Thu)
【写真】紅ほっぺの手入れ作業をしているところ

 今日は、余分な脇芽や古葉を取った。
ガッシリと育ってきている。
夏の育苗期に弱々しかったころとは
同じ苗とは思えないくらいである。

 病気というアクシデントを機に、
これまでの育て方と考え方を
“柔軟”かつ“大胆”に調整を続けている。
それらが複合的に功を奏し、
例年よりもよっぽど筋肉質に
なってきているように感じるので、
とても嬉しい。

 最終的な“解”は簡単には
見つからないだろうが、
でも、真剣に対峙し続けていくこと。
きっと、手応えはどこかにあるはずで、
新しい知識、経験が糧になるものと思う。
それを幸運にも実感できている。

(でも、まだまだ課題山積 by 農園主)


この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“おいCベリー”の様子
2021/11/10(Wed)
【写真】おいCベリーの高設ベッドの様子

 少しずつながら、調子を上げている。
それでいいと思う。
クラウン(根元)はガッシリと
できたので、後は、栄養をバランスよく
付与していくこと。
試しに1株、根を掘ってみたら、
びっくりするような粘りが出来ているので、
これなら吸収力は抜群である。
12月に入る前に、どんどん根量を
増やしておきたい。

(寒い時期を乗り切るために by 農園主)


この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
“おいCベリー”の花
2021/11/04(Thu)
【写真】9枚の花びらをつけた“おいCベリー”の白い花

 この花は、花びら数が9枚ある。
イチゴは、普通5枚。
花びら数が多いほど大果になる。
ガッシリ、ずんぐりと
育っている効果であろうか、
そういう大きな花が
“紅ほっぺ”でも見られる。
結実した果実は、
さて、どなたの元に?

 「宅配」と「ふるさと納税」の
受付開始は、ただいま準備中なので、
もう少々、お待ちください。

(ミツバチ頑張れ by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
毎日、やり切っている?
2021/11/03(Wed)
 イチゴ達は徐々に
生育ペースを上げ、
クラウン(根元)は、
とてもガッシリしてきた。

「ここまで、来ましたね」
先日、立ち寄ってくださった
“成田の名人”が、
自分のことのように喜んでくれた。
夏の育苗期に病気が見つかって以来、
ず~っと相談し、
アドバイスをもらって来た。

 あの手この手と考えられることを
全てやってきたので、
もしかしたら、例年の苗以上に
良質に育っている面もあるように見える。
まだまだ、足りないところは
たくさんあるものの、
災い転じて福となす。
なんとか、そうしたいと思う。

(毎日くたくた~ by 農園主)

この記事のURL | いちごのこと(生育編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>