fc2ブログ
ハウスの中も上も
2022/09/19(Mon)
 定植が近づいてきたので、
苗を植える高設ベッドの土に
元肥を仕込む。
毎年、土壌診断をしてもらった後に、
不測している推奨肥料量を
メーカーが示してくれる。
大変有難い。
でも、それを鵜呑みにできない性格で、
自分なりにアレンジをしたくなる。
今日の午前中の君津は晴れ間もあって、
暑かったが、嫁さんと汗だくになって、
なんとか施肥を終えた。

 そして、午後からは台風対策に移る。
明日は関東に近づく予報なので、
ハウスの谷の上に登る。

【写真】台風対策作業中の本圃ハウス屋根上の様子

(予定はいつも未定 by 農園主)


この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ミステリー
2022/09/13(Tue)
【写真】土を補充した高設ベッド

 高設ベッドに土を補充している。
毎年、定植の時には
苗をポットの土ごと植えるので
土のカサがどんどん増えていくはずなのだが、
なぜか?シーズンが終わると減っている。
多分、イチゴたちが養分を吸収している
からだと思う。
そういう我々もシーズン終わりには
忙しさのせいか、体重が減る。

 土は毎年、増減を自由にできるが、
我々は毎年オフ・シーズンには、
お腹周りに溜まり始めた脂肪群を
つかんだり、揉んだりしながら、
あれこれと対策を
考えなければいけない。

(どうする、これ? by 農園主)


この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プチ耕うん機が再登場
2022/09/07(Wed)
【写真】いちご高設ベッド専用のプチ耕うん機

 9月に入ったので、
本圃ハウスの土壌を定植に向けて、
準備を始めた。
すでに7月に一度耕うんしたが、
今度は少し深く。

 ただ、高設ベッドの両端部分は、
機械が届かないので、
そこは手作業で土をひっくり返し、
土をならしていく。
地味だけど、
土が柔らかくなっていくのがわかると、
ちょっと嬉しい。

(鼻の穴は真っ黒だ by 農園主)


この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
熱消毒を開始
2022/07/30(Sat)
 本圃ハウスを閉め切って、
高設ベッドの土の病害虫を高熱で駆除する。
目標は地温50℃以上。
従来は、梅雨明けの高温時にするのだが、
今年は、どさくさの梅雨明け?に間に合わず、
その後は、また梅雨入りのような雨が続いた。
なかなかタイミングが合わず、
天気予報とにらめっこの日々だったが、
この数日は、キレイに晴れ続きになったので、
嫁さんと慌てて準備に入った。

 でも、午前中に君津市でも
「熱中症警戒アラート」が発せられて、
外出を控えるようにと。
こちらは、ハウス内で汗だくで仕事。
流石に嫁さんとお互いに
顔色と様子を確認しながら、
40分の仕事と15分の休憩を繰り返す。
きつかったね。
無事に帰還し、麦酒にありつく。

(ノドで飲んだ by 農園主)


この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
土入れのころ
2022/05/31(Tue)
【写真】土入れ作業中の育苗ハウスの様子

 育苗ポットの土入れの時期になった。
今年は、本舗の株の片付けが
すでに終わっているので、
気持ち的には、焦りもなく、
珍しく?ゆっくりと
仕事を進められている。
日数をかければ、
13,000ポットくらい、わけない。
でも、暑い日にはさすがに
土袋を持ち上げ続けるのはキツイので、
今日くらいの気温が続くといいのだが。

(今週中をめどに by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>