FC2ブログ
長くて
2020/11/10(Tue)
【写真】白いマルチを張った高設ベッドの様子

 朝6時から嫁さんと“マルチ”を張っている。
いちごの植わっている土を保温するために
白色と黒色のシートを張る作業である。
光を反射させる効果も期待しての白色だが、
ハウス内がとても明るく、清潔な感じになり、
仕上がるといい景色になる。

 地味な仕事ながら、小さなノウハウがある。
朝露に濡れた時間帯は、マルチがくっ付いてしまう。
風の通る箇所は、風でマルチがめくれてしまう。
長さの組み合わせを計算しないと、無駄になる。

 そして、できればキレイに仕上げたい。
でも、時間に制約もあるし、性格もある?
だから、難易度の高いところは、
もっぱら嫁さん担当である。

(全長2,400m by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スカート張り
2020/11/06(Fri)
【写真】高設ベッドの足下に保温用スカートを張った様子

 保温のために、イチゴが植わっている
高設ベッドの裾にスカートと
呼ばれるシートを張り巡らしている。
昨年は休んだ作業なので、
2年振りの仕事になるが、
とても懐かしく感じる。
本来の「いちご農園」の姿に
戻っていく実感。
そういう意味では、
葉にやっかいなアブラムシがいたり、
ヨトウムシにかじられたり、
寒さで生育が遅くなったりと
悩みは絶えないのだが、
それでも、イチゴと共に生活しているのは、
間違いなく、これ以上、今何を求めるのか。
そういう気持ちで日々過ごしている。

(花芽が見えた by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大掃除のはなし
2020/11/04(Wed)
「手強いね。今回の掃除は。」
嫁さんとそう言いながら、
丸二日かかっている。
ブル・ベアハウス両方ともに
地面には新しいシートを張ったが、
ハウスが再建されるまでの9カ月間、
残された高設ベッドは雨ざらしだったので、
パイプの足下の隙間には
土が溜まってしまった。

【写真】高設ベッド下の土を掃きだしたところの本圃ハウス大掃除の様子

 昨年の暮れに解体作業をしながら、
土まみれの様子を見て、
「再建した後の掃除は大変だろうな」
と思ったことが蘇る。
本圃ハウスは2,000㎡の広さなので、
結構広い。
予想通り、手にはマメができ、へとへと。
でも、新ハウスの“仕上げ”作業に
着手できているという嬉しさもある。
あの悲惨な光景から14カ月が経ち、
ようやくスタートラインに立っている
実感がわく。

(掃除は苦手だが by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フルオープンの初心者
2020/10/25(Sun)
【写真】ブルハウス(4連棟)天井の少し短くなったビニール

 昨日、自画自賛したのも束の間、
残念な失敗をしていた。
ブルハウス(4連棟)の天井の
ビニールを張ろうとしたら、あれっ?
長さがわずかに足りない。。。
天井に巻き上げている間に
ビニールが縮むものと想定して、
長めに切ってあったはず。
実際、ベアハウス(3連棟)にも
縮みがあったが、
長めにしてあったので難なく張れた。
しかし、実はこちらのハウスは
長めにし過ぎていて、台風対策のために
巻き上げて片付けた時に、
とても邪魔になり、少々?短く切ったのが
仇になったようだ。。。
こういう失敗の繰り返しで、
日々生きているのだが、
今回は想定していたことなだけに
我ながら、残念なしくじり。

 仕方ないので、”プランB“の出動へ。
妻面の手前のアーチには、捨て張り用の
ビニペットを付けてあるので、
そこから2重に張ることになりそうだ。

(ノウハウ蓄積中ということで by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
偶然の副産物
2020/10/24(Sat)
 天井のビニール張りの仕事は、
ブルハウス(4連棟)に移った。
何とか自分たちでもやれそうだね、と
日々、嫁さんと手応えを感じている。

【写真】逆T字型の梁の上から見たハウス内の様子

 結果論になるが、
ハウス内の補強のために
逆T字型の梁を頭上2.2mほどの
位置に入れたことが、
上の作業の足場になって、
とても助かっている。
この梁に乗っかって、
行ったり来たりしながら、
作業をしているので、
脚立を使うことがない。
相当な効率化と安全を確保していると思う。
計算したわけではなく、偶然の副産物。
でも、フルオープン・ハウスには、
不可欠だったと感じている。

(今さら、自画自賛 by 農園主)

この記事のURL | 本圃ハウス(準備編) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次のページ>>